かなうれ感

2015年03月30日05:07

死別は悲しみであると誰もが思います。
愛する妻を亡くした夫や、かわいい子どもを亡くした両親にとって、
それは悲しみや絶望感以外の何ものでもないでしょう。
しかしその一方で、
死別により安堵感や解放感を味わう人たちがいるのも歴然とした事実です。

以前心療内科をしているときに、
うつで5年以上私のところに通院していた70代の女性患者がいました。
彼女は結婚以来、40年以上にわたり夫に尽くしてきました。
すべて夫の言うことに従順に従ってきた人生でした。
編み物などやめろ!のひと言で、
大好きだった編み物をやめたのは30年前のことです。

友人と楽しく電話をしていると、
「電話を早く切れ!」と怒られるため、
夫の前では電話はできなくなりました。

そんな夫が、5年間の闘病生活の後、静かに息を引き取りました。
葬式を済ませ、一段落着いたある日、彼女は私の外来を訪れ、言いました。
「こんなことを言ったら不謹慎だとは思うんですが、
主人を亡くして悲しいと思う気持ちもありますが、
それ以上に、ようやく主人から解放されたという
安堵感というか喜びの気持ちの方が大きいんです」

5年間、毎月通い続けた外来で、
ワンマンなご主人にどれだけ怒られ、責められ、
なじられ、侮辱されたかを知っていた私にとって、
ようやく訪れた安堵感や解放感は
死別の悲しみよりもはるかに大きなものだったということを
容易に理解することができました。

世間一般では、死別により残された人は
嘆き悲しむのが当たり前であり、
それを喜んだり、安堵したりするなんて
人間としてあるまじき態度だと思われがちですが、
実際には、そのような思いを抱く人はたくさんいます。

長年アルツハイマーを患っていた妻、
小さい頃から娘を虐待し続けていた父親、
麻薬と犯罪に明け暮れている息子、
精神疾患を患い暴力を振るう母親…

このような人たちの死に、内心救われたと思っている当事者に対して
「たとえどんな人であったとしても、人は尊い存在であり、
その死を喜ぶようなことは決してすべきではない」
などと言う人がいたならば、
その人は単なる理想論を、あたかも真理であるかのように語る
偽善者としか私には思えません。

しかし、このような死別に伴う安堵感や解放感の存在は
誰もが理解しうる感情であるにもかかわらず、
倫理的、道徳的、人道的理由からか、
その感情を言い表す単語は世界のどこにも存在していません。
単語が存在しないということは、
そのような感情は無視され、一般的に認識されることもありません。
つまりそのような感情は存在しないのと同じことなのです。

単語が存在しないために、
死別による安堵感や解放感を持った人は
そんなことを思ってはいけない、感じてはいけないと自分に言い聞かせつつ、
自然と湧き上がってきてしまう幸福感を感じている自分を責めたり、
罪の意識に苛まれたりする人もいるでしょう。

もしも、この感情を言い表す単語があったら、
このような罪悪感で苦しむ人はいなくなるでしょう。
そうであれば私が作ろうと思い、考えたのが「かなうれ感」です。
悲しけど嬉しい、つまりそれが「かなうれ(悲嬉)感」というわけです。
「かなうれ感」と言うと、ちょっぴり「憂う」と語感が似ているので
あまり不謹慎な言葉に聞こえないところもいいのではと勝手に思っています。

「かなうれ感」が市民権を得ることはないかもしれませんが、
そんな感情があると言うことを知っておいて頂くだけでも十分です。
死別の解放感に罪意識を感じている人がいたら教えてあげて下さい、
それって「かなうれ感」って言うんだよ、と。
そしたら、その人も救われるのではないでしょうか。

なお、この感情について書かれた本はあります。
「夫の死に救われる妻たち」(飛鳥新社)です。
興味のある方は是非読んでみてください。
スポンサーサイト

コメント

共感!

「かなうれ感」いいですね~。この感覚は2度経験しました。一度目は祖母、2度目は父親。詳しく書き出したら書ききれないくらい家族は大変な想いをしていました。祖母は88歳だったので大往生ということでさほど「かな(悲しい)」感はなく、ほっとしたという気持ちが強かったですね。父親は58歳と若かったのですが、母と私は父が亡くなってまさに「かなうれ感」でした。そりゃ、当然悲しいですが酒乱で家族に恐怖、不安、迷惑、心配をかけて散々な思いをしてたので、亡くなって解放されたかと思うと嬉しい気持ちもありました。母も同じようにほっとしたと言ってました。でも、そんな気持ちを誰にもいうことはできないので母と二人だけで共感しあってました。ただ、心のどこかで嬉しいなんていう気持ちを持ってはいけないのではとも考えたりもしてましたが、この「かなうれ感」っていう新たな感情の存在がありということで楽な気持ちになりました。
母は父が亡くなってから自由でのびのびして「寂しいけど楽しいから幸せだ」と言ってました。「さびたの感」なんてのもどうでしょうか?(一受講生より)

  • 2015年04月04日 14:30 |
  • 受講生 URL :
  • 編集
死と解放

初めまして。
少し気になったのでコメントを残していこうと思います。
お気に触りましたら削除願います。

介護は大変な苦しみを生むこともあります。
辛いけれども、それが自分に課せられた責任だと思い、必死で耐えている人がいるのは事実です。

だからと言って、介護していた方が亡くなった時に訪れる安堵感と、うれしいという感情を同一視してしまっては、大きな誤解を生む結果になってしまいます。

本当の意味で訪れる安堵感は、苦しんでいた患者がその原因から解放され、もう苦しむ必要が無くなった様を介護していた人がそれを理解した時に訪れるものです。
介護していた人が、自分が自由になったことを喜んでいるわけではありません。

記事の中の女性に関しては、生きているうちに関係を改善できるチャンスはいくらでもあったのに、それから目を背け、逃げることを続けて最後を迎えてしまいました。

患者の理不尽な要求を受け入れる人は二通りです。
二人で向き合うことから逃げる人と、患者のことを良く理解し相手の気持ちを察することが出来る人です。

前者は相手の死に対して、これ以上逃げる必要が無くなるので、喜びが湧くでしょう。
後者は、相手の苦しみが無くなることへの安堵感です。

人は強くありません。
時には逃げることも必要です。
でも、人の死をうれしいと思うこととは、別の話だと観じます。
きちんと向き合うことで、解決の方法は必ず見えてきます。

逃げ続けた結果として得られた自由は、また誰かの手によって奪われてしまいます。

頻繁に大ゲンカしていた相手に死が訪れると、たまらなく悲しい気持ちが湧いてきます。
喜びの感情はありません。
俺が勝った……などという気持ちはありません。

いろんな意見があるとは思います。
でも、人が人の死を願ってはいけない。
人の死を喜んだり、願ったりするくらいなら、戦った方がいい、相手に本当の気持ちをぶつけた方がいい。

乱文失礼いたしました。

  • 2015年04月20日 11:44 |
  • 黒いネコ URL :
  • 編集
黒いネコさん

「人が人の死を願ってはいけない」そうですかね~?
心の中で思うことや考えることは自由です。
まして感情はどうしようもないことです。持ってはいけない感情なんてありません。

誰もが「人の死を願うことは良くない」と心のどこかではわかっているのです。でも、中には亡くなった後に妙な「嬉しさ」という感情も湧き出てしまう場合もあるのです。「嬉しい」気持ちを持ってしまうことで罪悪感みたいな気持ちもあるから苦しく辛いのです。
黒丸先生は、そんな気持ちを少しでも軽減するための感情の表現として「かなうれ感」と考えたのだと私は解釈しました。決して「人の死を願う」ことがどうのこうのと言っているわけではないです。

黒いネコさんは正論だと思いますが、その正論に追い込まれて苦しく感じる人もいるのです。

  • 2015年04月29日 08:58 |
  • 受講生 URL :
  • 編集
すべての感情を持っていい

すべての感情を持っていい。
すごく納得しました。
こういう時は普通はこう感じるべきって、つい思ってしまいすね。

  • 2015年05月02日 18:38 |
  • あまてぃ URL :
  • 編集
受講生さんへ

人の思いはそれでぞれで、正しい、正しくない、というようなものはありませんよね。
ただ、人は本来、人の死を喜ぶようには作られていないということです。

前にも書きましたが、安堵と喜びの感情とは別物です。

人が亡くなったことがうれしいのではなく、「解放された自分」がうれしいと、元記事には書いてあります。
もちろん、そう感じてしまう人を責める必要はありません。

意味のない延命治療が、日本には多すぎることも知っていますし、歪んだ倫理観を持つ医師も多い。

人の死を嬉しく思う感情は、歪んだ構図から生まれたものです。

私は、死には何の恐怖も感じません。
今を生きることに全力です。
だから怖がることも無いのです。

死を願われてベッドに横たわる人は幸せでしょうか?

死を喜ぶくらいなら「あんたのわがままに付き合っていられない!」と、本人に対して罵った方がいい。
そうすることで、患者も看病をしている人も、両方救われる。
今を全力で生きられるから。

たとえ助からない命でも、最後までみんな全力で生きています。

私も、多くの人の死に直面してきました。
苦しみから解放された安らかな寝顔に安堵感を覚えることはあっても、それを喜ぶことはありません。

人が亡くなって、それを嬉しいと思うのは、いろんなものが歪んでしまっていたから。
その歪みを正さない限り、その人は同じように苦しみ続けます。

人の死は、それに気づく最大の機会です。

喜んでしまっている自分を良しとするのではなく、何故そうなってしまったのか……それを自分に問うことで、変えられる何かが見えてきます。

  • 2015年05月06日 14:55 |
  • 黒いネコ URL :
  • 編集
黒いネコさんへ

何かブログ記事の内容とズレてきているような気がします。論点がズレたコメントになってきているようですが、ズレていること承知の上で私も黒いネコさんのコメントに対してコメントさせて頂きます。

「人は本来、人の死を喜ぶようには作られていないということです」「死には何の恐怖も感じません。 今を生きることに全力です。 だから怖がることも無いのです」「死を喜ぶくらいなら「あんたのわがままに付き合っていられない!」と、本人に対して罵った方がいい。そうすることで、患者も看病をしている人も、両方救われる。 今を全力で生きられるから。」
以上のことは、すべて黒いネコさんあなたの価値観、経験値からの思い込みだと思います。

そして「人の死を嬉しく思う感情は、歪んだ構図から生まれたものです。」「人が亡くなって、それを嬉しいと思うのは、いろんなものが歪んでしまっていたから。 その歪みを正さない限り、その人は同じように苦しみ続けます。」こういったあなたの正義の言葉で傷つき悩んでしまう人もいるのです。こういう正義や道徳論を振りかざす人がいるから、悩んいる人が苦しみ続けるのです。歪んでいるから苦しんでいるのではありません。逆に歪んでいたら苦しみませんよ。健全な気持ちがあるから悩み苦しむのです。

「私も、多くの人の死に直面してきました。」とありますが、何万人の人の死に直面しても、安らかな寝顔という表面だけをみている限り安堵感しか感じないでしょう。
ひとりひとり生き方、死に方、想い、志、価値観、思想、人生が違います、憎しみ、恨みを抱えたままの人もいます。ましてその遺族も様々な想いがあります。そいう深い部分は、安らかな寝顔からは理解しがたいでしょう。だから何万人の死に直面しても結局何もわかりませんよ。

「喜んでしまっている自分を良しとするのではなく、何故そうなってしまったのか……それを自分に問うことで、変えられる何かが見えてきます。」
別に変えたいとかの問題ではないのです、なぜ?なんて問う必要もありません。答えはわかっているから苦しんでいるのですから。そこでその苦しみの感情を整理する意味で「かなうれ感」となづけることでちょっと落ち着くのだからそれでいいんじゃないのかなと私は思います。




  • 2015年05月09日 01:56 |
  • 受講生 URL :
  • 編集
受講生さんへ

誰でもいろんなことを考えます。
それを否定するつもりは全くないんですよ。
私の言葉で腹立たしい感情を抱かせたのならすみません。
言葉は難しく、気持ちを伝えるは、言葉だけでは足りないのかもしれません。

信じるか信じないかはお任せしますが、私は人に見えないものが見えます。
それ故に、表面で見えている感情ではなく、その奥にある本当の原因に目を向けることができたなら、ほとんどの人はもっと楽になれると思います。

人に嫌われないようにすることは簡単です。
何でも「それで、いいんだよ。」と告げればよいのですから。
でもそれでは救われない人がたくさんいました。

私は、自分の経験で言葉を発しますが、偏った価値観ではなく、多くの検証を経て、中道を説明することに心掛けているつもりです。
言葉足らずでしたら、私の勉強不足です。

あなた方の感情や意見を否定するつもりはありませんから、誤解なされぬよう。

最後に、
亡くなったことに対してうれしいという感情を持ち、それがよくないことかのように感じて自分を責めるのは、自分の中にそれが正しくないものだと、湧き上がってくるものがあるからです。
この湧き上がってくるものを捨ててしまうと、同時に大切なものまで捨ててしまいます。
私はただそれを捨てて欲しくないと思っているだけです。


  • 2015年05月09日 23:08 |
  • 黒いネコ URL :
  • 編集
勉強になりました!

黒いネコさん、あなたには「人にはみえないものがみえる」のですね~。もうそれを言われたら私も何も言えません。信じる信じないの論争もしたくありませんし。

ひとつだけ誤解されているようなのではっきりさせておきますが、黒丸先生の著書にも講義の教えでも「人に嫌われないようにするために、何でも「それで、いいんだよ。」と告げればよいのです』というようなことは書いてもないし、言っておりませんからね。

私は、患者あるいはクライアントとの信頼関係を築くには共感や受容が必要だと思います。この共感や受容の意味と黒いネコさんが言っている「嫌われないようにする」「それでいいんだよ」とは全く違います。

医師やカウンセラーのところにくる患者さんやクライアントは悩み苦しんでいるのです。まずは気持ちをわかって欲しいという想いです。心に寄り添って欲しいのです。
正論や道徳論や正義論を聞きたいのではないのです。まして「心が歪んでいるから苦しむ」なんていう言葉は暴論です。

まあ、人それぞれの価値観や思想がありますから黒いネコさんのような考えもあるのかと今回勉強させていただきました。

  • 2015年05月11日 22:51 |
  • 受講生 URL :
  • 編集

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://holicommu.web.fc2.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード