こころ、からだ、たましいの断捨離

2013年10月01日19:54

10月20日(日)に大阪で
ホリスティック医学シンポジウム2013大阪を開催します。
今回のテーマは、ズバリ「断捨離」です。
http://www.holistic-kansai.com/2013symposium.html/
断捨離シンポジウム

断捨離と言うと、つい部屋の片付けをイメージする方が多いかもしれませんが、
断捨離の本質は、モノへの執着を捨て、心もストレスから解放されることで
本当に価値あるものが浮かび上がってくる、という考え方です。

今回のシンポジウムでは、この考え方を基本に置き、
もう一度「医療」や「人生」について、
こころ、からだ、たましいのレベルまで掘り下げて考えてみようという企画です。

演者はやましたひでこさん、帯津良一先生、
おのころ心平さん、井上ウィマラさんの4人です。
まず断捨離のパイオニアであるやましたひでこさんには
「医療と断捨離」という本質的なテーマで話しをして頂きます。
ホリスティック医学協会会長であり、
ホリスティック医学のパイオニアである帯津良一先生には
「ホリスティック医学と断捨離」、
自然治癒力学校を作り、全国で大活躍している
おのころ心平さんには「こころとからだの断捨離」、
スピリチュアルケアやに造詣の深い
高野山大学の井上ウィマラ教授には
「スピリチュアルケアの視点から」断捨離について語って頂きます。

そして最後に私の司会で
4人の演者に大いにディスカッションをしてもらおうという企画です。
断捨離の視点から医療を考えるのは、この企画が初めてではないでしょうか。
今からとても楽しみです、という一方で緊張もしています。
と言うのは、ディスカッションをどのように盛り上げるかは、
実はとても難しいことなんです。
演者はみんな、好きなことを言えばよいのですが、
それをどのよにして絡ませながら、話しを盛り上げていくか、
とても頭を使う、なかなか骨の折れる仕事なのです。

医療の断捨離と言っても
こころやからだという医学的な視点から考える断捨離と、
医療システムや医療そのものにおける断捨離があり、
何をどうつながりを持たせたらよいかなどと考えると、
ちょっと頭が混乱してきます。
でも、いかにも難しそうなことを、
いかに平易に語ってもらえるようにするかが
司会者の腕の見せ所です!

私の酔っ払っている姿しか見たことがないという方、
時にはまともなことを語ることもあるんだというところを
今回は、是非お見せしたいと思っております。
お誘い合わせの上おいで下さい!お待ちしております。
それでは、10月20日にお会いしましょう!
http://www.holistic-kansai.com/2013symposium.html/
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://holicommu.web.fc2.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード