昨年の振り返りと今年の目標

2012年01月08日06:26

新年あけましておめでとうございます。
と言っても、もう一週間が経ってしまいましたが…。
ちょっと遅ればせながら昨年の振り返りをしたいと思います

昨年は色々と目標を掲げたのですが、あまり達成できませんでした。
唯一達成できたとことと言えば、昨年5月に
「緩和医療と心の治癒力」(築地書館)を出せたことくらいです。
もう一冊の「ホリスティックコミュニケーション(仮題)」の方は、
まだ1ページも書けていません。

前者は締め切りがあったので、書き上げざるを得なかったので書けましたが、
後者は締め切りがないので、そうななるとどうしても「まあ、いいか」となり、
結局、その積み重ねで本日に至ってしまいました。
やっぱり私のように切羽詰まらないとやらない人間には、
締め切りは必要不可欠であることがよくわかりました。

それからハングル検定試験3級合格も目標に掲げたのですが、
6月、11月にあった試験は58点と59点で、
いずれも合格点の60点には届かず、不合格でした。
ほぼ毎日のように韓国語の勉強はしていただけにショックでしたね。
でも、来年は必ず受かります!そして準2級も受けます!
もっとも準2級は合格できる自信はありませんが…。

読書も100冊は読みたかったのですが、結局66冊でした。
思ったほど読めず、こちらもちょっとショックでした。
でも、読書は数さえ読めばいいと言うものではないですよね。
いかに自分の成長に役立ったかが重要なのです…と言って自分を慰めています。
でも、今までは『考える』本が圧倒的に多かったのですが、
昨年は『感じる』本を読む率が高くなった気がします。
今までほとんど読まなかった小説を読んでいることからもそれは感じます。
自分の中での、ちょっとした(大きな?)変化でしょうか。
今後の成り行きを見守ることにしましょう。

本はあまり読めませんでしたが、映画館には意欲的に足を運びました。
そのせいか、昨年は80本以上の映画を見ることができました。
最近の映画もよいのですが、このうちの半分以上は
「午前10時の映画祭」でやっている昔の映画でした。
「サウンド・オブ・ミュージック」や「風と共に去りぬ」もよかったですが、
「素晴らしき哉、人生!」と「ある日どこかで」が特に気に入りました。
「ある日どこかで」は2回も見てしまいましたし、DVDも買ってしまいました。
何がよかったって、やはりジェーン・シーモアでしょう。
特にあの肖像画には、思わず吸い込まれてしまいそうな美しさがありますよね。
いや~感動しました。機会があれば是非見てください。

ついでに言ってしまうと「アジョッシ」にも感動しました。
これはウォンビン主演の韓国映画ですが、これも2度見てしまいました。
別に、ウォンビンのファンというわけではないのですが…。
韓流ドラマ「イルジメ」と同様、勧善懲悪もので、
その主人公が、平凡で普通の人と思いきや、実はすごい人という設定です。
この類、すごく好きなんです!とてもあこがれますよね。

ちょっと横道にそれてしまいました。
あと昨年達成したことと言えば韓国旅行に行ったことでしょうか。
詳細はこのブログにも書いたので省略しますが、
3日間、開放感を満喫できたことはこの上なく幸せでした。
昼間からビールを飲みながら思いっきりくつろがせてもらいました。

そろそろ今年の目標も書かないといけないですね。
昨年、あれこれ書いたけどほとんど達成できなかったので、
今年はあまり大口をたたかないようにします。
とりあえず第一目標には「ホリスティックコミュニケーション(仮題)」を
出版するというのを掲げておきましょうか。
心の治癒力をうまく引きだすためのコミュニケーションスキルを
セミナーでしていたデモンストレーションの症例を中心にまとめる予定です。

これと関連させてですが、コミュニケーションスキルについて
もう少し深めたいと思っています。
詳細をここでは述べられませんが、
今までやってきた解決志向アプローチ(SFA)とTOC(制約理論)との融合、
それに最近興味が再燃してきたナラティブセラピーを
どのようにまとめていくかということに、今とても関心があります。
セミナーでこれを扱うこともできますが、
緩和ケアの患者さんにも大いに使っていけるかもしれないので、
可能であれば、学会なのでも発表できたらと思っています。
また口だけになるといけないので、これ以上深入りするのはやめておきます。

それから今年はホームページを作り直します。
業者に依頼すればよいのでしょうが、やはり自分で作りたいんですよね。
良いものができるかどうかわかりませんが、とにかくチャレンジします。
と言うか、今、HTML&CSSと悪戦苦闘中です。
何とか1月中には完成したいと思っています。

それから私が関与しているホリスティック医学協会で、
ホリスティック医療塾を立ち上げることになりました。
まだ具体的なことは決まっていませんが、
できるならばアンドルー・ワイルがアリゾナ大学でやっている
統合医療プログラムの日本版のようなものが作れたらいいなと、
漠然と考えている今日この頃です。
これは一人ではできないので、皆さんの協力を頂きながら、
それなりのしっかりしたものを作り上げていきたいなと思っています。

細かいことはあれこれあるのですが、とりあえずこれくらいにしておきます。
これらの目標が、今年どれくらい実現できるかわかりませんが、
できるだけ達成し、来年は堂々とここで報告できたらと思っています。
この一年間、マイペースを保ちつつ、お互いがんばりましょう。
スポンサーサイト

テーマ : ブログや日記
ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://holicommu.web.fc2.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード