「続ける」習慣を身につける

2011年04月15日16:13

久しぶりにブログを書きます。
先日、『30日で人生を変える「続ける」習慣』という本を読みました。
たいていの人は、何かをやろうと思っても
結局は三日坊主で終わってしまうことになります。

実際、最初の7日間で42%の人が挫折し、
そのあとの2週間でさらに40%の人が挫折します。
逆に3週間続けることができたならば
8割の人は続けけられるようになると言うのです。

では実際に身につけたいと思うことを続けるためにはどうしたらよいのでしょうか。
先ずは、「ほんの少し」がポイントです。
つまり、英語の勉強をしようと思ったら、
単語を覚えたり、リスニングをしたりとか
毎日1時間勉強をする予定を立てたとしても、
これは長続きしません。すぐに嫌になり挫折します。

そうではなくて、毎日「ほんの少し」です。
例えば一日15分だけ、リスニングをするとかです。
これならばどんなに忙しくても、
どこかで15分の時間を取ることは可能でしょう。

とにかく毎日続けるためには、
「それならできる」と思える程度のものでないと続かないのです。
最初に欲張ってあれもこれもやろうと思っても、
決して長続きしません。
まず15分のリスニングくらいからはじめ、
それが1ヶ月続けられたら、
次ぎに、単語を毎日5個覚えるということを始めたらよいのです。
最初は、「ほんの少しだけ」がポイントです。

その際、毎日やったということを
手帳やカレンダーに記録するのも大切です。
そうすることで、毎日自分が実行したということが確認できるし、
またそれを見ることで、明日もがんばろうという思いになり、
モチベーションも上がります。
このように客観的に自分の成果を記録することは、
何かを続けようとするためには大切な作業なのです。

私はこの方法はいいなと思いました。
ほんの少しですから続けられます。
1ヶ月経てばある程度習慣化していますので、
また新たな目標を立て、同じように取り組んだらよいのです。
1年経てば今まで身につけようと思っても身につけられなかった
12の事柄が習慣化できることになります。

私はこの方法でハングルの勉強をしています。
ぜひ、皆さんも試してみてください。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://holicommu.web.fc2.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード