今年一年を振り返って

2010年12月31日18:11

今年もあと6時間を残すのみとなった。
そこでこの一年間を振り返ってみようと思う。
自分を振り返るためのキーワードが三つある。
それは挑戦度と達成度、成長度だ。
これはアクティブラーニングの羽根さんに教えてもらった。
これに基づいて自分を振り返ってみたいと思う。

先ず挑戦度だが、これはどれくらい新しいものに挑戦してみたかということだ。
今、ホリスティックコミュニケーション実践セミナーを京都で開催しているが、
6月からこれを東京でもやり始めた。
すでに二回実施し、来年1月には三回目を実施する。
東京でこのセミナーを開催してどれくらい人が集まるか心配だったが、
みんなの協力もあり、何とか人を集めることができた。
人数的には決して多くはないが、でも参加者には恵まれ、みんな意欲的で
やっていてとても楽しい。終了後の第二部は私のとっての至福の時間だ。
来年も京都と東京で年三回ずつ、日数も10日間に増やしてやる予定だ。

それから今年はとにかく本を読むことにチャレンジした。
何とか最低でも100冊を読もうとがんばった。
11月末で89冊と苦戦していたが、12月になんとか11冊を読み上げ
ついに100冊の目標を達成した。
この中には何冊もの衝撃的な本に出会ったし、そのうちのいくつかは
このブログでも紹介させてもらった。
やはり本を読むと、色々な視点や考え方に気づかされるし、
物事を実行していくためのアイデアやヒントも得られる。
これらの蓄積はとても役立つし、自分にとっての財産にもなる。
是非、来年も100冊にチャレンジしたいと思っている。

本と言えば、今新刊本を書いてる。
以前から書こうと思っていながら、なかなか実行に移せなかったが、
築地書館の社長さんにお話ししたところ、
快く引き受けて下さったので、10月頃から書き始めている。
最初は緩和ケアのことを書くつもりだったが、
書いているうちに、最初の構想とずいぶんと違ってきてしまった。
とりあえず「緩和ケアと心の治癒力(仮題)」といった本ができる予定だ。
今年中にと思っていたがまだ書き上げられていない。
来年3月頃の出版を目指し、がんばります。乞うご期待を。

それ以外にも読書ノートと1分間日記にもチャレンジしたが、
これは途中で挫折してしまった。
少し欲張りすぎたかもしれないので、
来年はもっと簡略化したもので再チャレンジをしたいと思う。

最後に青色申告にも挑戦した。本も読みずいぶんと勉強した。
分からないところは、知り合いの簿記ができる人に教えてもらった。
とにかくかなりのエネルギーと時間を費やしてついに完成させた。
3月15日の確定申告に間に合うように無事提出した…のだったが、
ここで大事件が起こった。
何と、青色申告をするための申請をしていなかったのだ!!
せっかく青色申告を仕上げたのに、結局、提出は白色申告になってしまった。
もう最悪だった。こちらのミスと言えばそれまでだが、ショックが大きかった。
でも、お陰で今年はばっちりだ。今回はちゃんと提出します。

次に達成度だが、これはどれくらい目標を達成できたかだ。
あまり目標をしっかりと立ててやったわけではないので、
ついにこれを達成したというものはないが、
とりあえずこれはやり遂げたというものはいくつかある。

先ず2月には死の臨床研究会近畿支部会を開催した。
昨年、大会長をと言われたので、一年がかりで準備をしていた。
テーマは「スピリチュアルケアの新たなる可能性を求めて」だ。
メインスピーカーにスピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんを呼び、
他に沼野尚美さん、櫻井かづみさん、吉澤明孝先生にも来て頂いた。
米原に900人もの人が集まり、無事大役を勤めあげた。
大がかりな大会だったので、かなりエネルギーを使ったが、
その分、終わった後の達成感も大きかった。
やはり、苦労してやったものほど、そのあとの喜びは大きいものだ。

5月には私が支部長を務めているホリスティック医学協会関西支部で
第100回記念フォーラムを開催した。
テーマは「三つのがん患者会から学ぶ、がんとの上手なつき合い方」だ。
約20年前から積み重ねてきたフォーラムが100回を数えたわけだ。
これだけ長い間、よくやってきたなと思う。
もちろん仲間のみんなのお陰でここまでやれたと思う。
つながりの大切さをあらためて実感した次第だ。

あと講演やセミナーもずいぶんとやってきた。
今年一年間でやった講演は29回、
開催したセミナーは1期が全8日間なので合計40日間、
主催したセミナーや研修会は10回だった。
まあ、大変だったけど、あとの達成感はやっぱりある。
終わったあとのビールは格別だ。これがあるからやめられない。
でも正直言って、もう少しフリーの時間が欲しい。

最後に成長度。これはどれくらい人間として成長したかということだ。
これに関しては、残念ながらあまり語れない。
仕事上では不平不満も多く、イライラも結構あった。
自分の未熟さを認めざるを得ない一年だった。
ちょっと反省せざるを得ない。
と言うことで、今年はマイナス成長だったかもしれない…
この分を来年は取り返したいと思っている。

ところで、私は初詣はしない。その代わりに年末に参拝に行く。
私は神様にお願いをするなんて、おこがましいことだと思っている。
第一、お願いをする前に
先ずは一年間、無事に過ごせたことへの感謝の方が先ではないだろうか、と思う。
そんな思いもあり、毎年、年末に参拝に行くことにしている。
今年も多賀大社まで行ってきた。
大雪だったが、車もなく人もおらず、とても楽だ。
スイスイと車で出かけ、ゆっくりと参拝できる。
来年から、皆さんもいかがでしょうか。
それでは、来年が皆さんにとってよい年でありますように。
スポンサーサイト

テーマ : 年末年始のご挨拶
ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://holicommu.web.fc2.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード