ホメオパシー報道について

2010年08月31日16:23

先週の8月25日付けの朝日新聞に大きく取り上げられた
ホメオパシーに関する一連の報道についてひと言意見を述べます。

これは山口で、ビタミンKを投与されなかった新生児が
頭蓋内出血を起こして死亡した事件で、
担当の助産師がビタミンKの代わりに
ホメオパシーを投与していたことが明るみに出たことから、
ホメオパシーを医療現場から排除するべきだという見解を
日本学術会議金澤一郎会長が発表、それが報道されたものです。

金澤会長はホメオパシーに対して、
「治療効果は科学的に明確に否定されて」いる治療法であり、
それを信じ、それに頼ることにより、確実で有効な西洋医学的治療を受ける機会を
逃す可能性があることが大きな問題であり、そのようなことが起きないよう
「医療関係者がホメオパシーを治療に使用することは認め」ないし、
また「医療現場からこれを排除」すべきだと述べています。

金澤会長の談話や朝日新聞の報道には、いくつかの問題があるかと思います。
まず今回の事件に関しては、助産師が新生児にビタミンKを飲ませなかったことは
明らかに問題だと思います。これは否定しません。
ただ、その問題と、ホメオパシーを全否定し、それを医療現場から排除すべきだ、
ということとは別問題だと思っています。
これがホメオパシーではなく、漢方薬だったり、
他の代替療法だったりする可能性もあったはずです。
しかし、それがたまたまホメオパシーだったということで
やり玉に挙げられた可能性は十分にあります。

金澤会長は1年半前からホメオパシーに目を付けており
何かの折にホメオパシーを叩く思いは十分にあったことが予想されます。
もっとも日本ホメオパシー医学協会(会長:由井寅子)も、
医者や西洋医学に対する反発心が根底にはあるようなので、
ホメオパシーの信者に悪しき影響を与える可能性は否定できません。
そんな団体が大きくなり、世の中に影響力を持つようになることに対して
大きな危機感を持ったのは確かなようです。
そのような危険を避けるために今回のような事件をきっかけに
日本ホメオパシー医学協会潰しにかかったのではないでしょうか。
ホメオパシーも、とんだとばっちりを受けてしまったといった思いです。

さて、金澤会長はホメオパシーの有効性についても触れていますが、
実際には治療効果が明確に否定されているわけではありません。
否定的な論文もありますが、有効であったという論文もたくさんあります。
ですから、有効性に関しては肯定もできないが否定もできない、
というのが正確なところだと思います。

なお有効性が証明されていない治療法に関しては西洋医学にもたくさんあります。
例えばアービング・カーシュは抗うつ剤に関する論文を調べ上げ、
実は、プラシーボとさほど変わらないことを発表していますし、
2002年のNEJM(有名な医学論文)には、変形性膝関節症に対する
関節鏡手術はプラシーボ手術と効果は変わらなかったと発表されています。
つまり、これらのうつや痛みの症状が改善されたのは、
すべてプラシーボ反応(効果)によるものだというのです。

ホメオパシーが効くと言われるのも、
このプラシーボ反応に過ぎないと金澤会長は言っていますが、
私は、プラシーボ反応は医学の治療にはなくてはならない要素だと思っています。
プラシーボ反応とは、心の治癒力そのものです。
何かの「きっかけ」があり、それによって心の治癒力のスイッチがONになる。
その結果、痛みが取れたり、症状が改善したりするというのは
臨床現場ではしばしば経験する、ごく普通の現象です。

医者の「大丈夫ですよ」というひと言で、スーッと胃の不快感がなくなったり、
生理食塩水の点滴でめまいが取れたり、
胃薬を睡眠薬と間違って飲んでも、よく眠れたり等々
これらは、医者のひと言や点滴、薬が「きっかけ」となり
心の治癒力が引き出された結果です。

このようにプラシーボ反応は
治療現場では切っても切れない存在なのです。
これにより患者さんの心の治癒力が引き出され、
症状が改善するのであれば、それも大切なことだと思っています。
ですからホメオパシーの投与により心の治癒力が引き出され、
症状が改善されるならば、
副作用のある薬を使うよりも、有用である場合が多いと考えています。

そもそも臨床の現場では医者と患者とのコミュニケーションもかかわってきます。
薬の有効性だけを取り上げ、云々言うのは
患者の気持ちやコミュニケーションといった「つながり」の部分を無視し、
現実離れした議論になってしまう危険性があります。
この点は、しっかりと押さえておかなくてはいけない点だと思っています。

またホメオパシーを信じることにより、
有効な西洋医学の治療を受ける機会を逃す可能性にも言及していますが、
これはホメオパシーだけが唯一絶対の治療法だと思い込んでいる
一部のホメオパシー信仰の信者さんの問題だと言えましょう。
これが唯一絶対などという治療法はありませんので、
通常は西洋医学的治療とホメオパシーなどの代替療法を比べ
必要に応じてそれらの治療を使い分けるというのが一般的だと思います。
この一部の信者さんがいるためにホメオパシーを排除するというのは
ホメオパシーを適切に利用している医療従事者や一般の人たちにとっては、
大きな迷惑以外の何者でもありません。

なお日本医師会も金澤会長の談話に賛同しているとのコメントを出していますが、
医師らで構成されている日本ホメオパシー医学会(会長:帯津良一)に対しては
今のところ、特段の申し入れ等をする予定はないとしています。
金澤会長は医療の世界からホメオパシーを排除するべきだと言っていますが、
西洋医学的治療にホメオパシーを取り入れる、
という考え方で治療に取り組んでいる日本ホメオパシー医学会に対しては、
日本医師会もそこまで強くは考えていないのではないでしょうか。
もっとも医師法や薬事法からみても医者がホメオパシーを使ってはいけない、
ということにはならず、実際には医療の世界からホメオパシーを
排除することはできないと考えています。

ホメオパシー信仰の信者さんも考えものですが、
西洋医学信仰、科学信仰の信者さんも、どうかと思いますね。
みんな自分が正しいと思い込み、相手を非難するというのが世の常ですが…。
まあ、これをきっかけにホメオパシーや他の代替医療に関する
ディスカッションが大いになされることを私は期待しています。
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメント

No title

ホメオパシーを検索していて寄らせてもらいました。

ホメオパシーをプラシーボと割りきって使うのなら、そもそもホメオパシーである必要がないと思うのですが、いかがでしょうか?
もともと有効成分がないものを「効く」と騙すのですから、ただの砂糖玉を「~で作ったレメディ」だと騙しても、倫理的には同等で、効果も同等でしょうし。

これはプラシーボと違いがない抗うつ剤でも言えることですが。

ホメオパシーはそれで儲かる人がいることから、これだけメディアなどを使って広げられてきたように思います。
ですので金銭的な部分が切れれば、つまりタダ同然の普通の砂糖玉を皆が使うようになれば、問題も盛り上げる人がいなくなり沈静化するように思えます。

  • 2010年08月31日 16:56 |
  • 保成 URL :
  • 編集
Re: Re: No title

コメントありがとうございます。
プラシーボが効くのは、処方する(治療する)医者、それを受ける患者、
両者の信頼関係が 大きく影響するといわれています。
ですからホメオパシーがプラシーボである側面は十分にあると
思いますが、医者もホメオパシーの理論や知識を長い時間書けて勉強し、
ある程度の知識を得て、経験を積むからこそ
そこにはある程度の信頼性も出てきます。
なぜかわからないけど、これは効く可能性がある、
この二重盲検の論文を見る限り、ホメオパシーは有効だなあ、
といった思いの積み重ねを通して ホメオパシーに対する信頼感も
持つようになるのだと思います。
この感覚は、どうせこれは砂糖玉だし、
といった頭から信じないでホメオパシーを処方するのとは全く異なり、
どうせ効かないとか、患者をだましてやろうという
悪意が根底にある限り、患者との信頼関係も築けないし
患者にもなんか変だという思いが伝わるので、
十分なプラシーボ反応は引き出せないと思っています。
もっとも、悪徳の演技上手な医者が、
信頼しきったふりをしてホメオパシーを処方し、
それに患者がすっかりだまされてしまうということは
あり得ると思います。でもそのような悪意をもってやること自体、
倫理的には問題だと思いますが。
要するに、ホメオパシーをしている人は、
みんなそれなりにホメオパシーの効果を信じています。
信じているからこそそこには
プラシーボ反応や心の治癒力を引き出す関わりが生まれるのです。
医者が西洋医学を信じ、鍼灸師や漢方医がそれらを信じているのと
同じだと思います。
なお、ホメオパシーのレメディそのものはとても安価です
(販売価格は高いです)が、それをどのように使ったら
よいのかを学ぶのは かなりのエネルギーと時間が必要です。
ですから学校ができるわけです。ですからホメオパシーを
学びたいと思う人がいる限り
ホメオパシーは廃れることはないと思います。

  • 2010年09月01日 16:35 |
  • クロ URL :
  • 編集

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://holicommu.web.fc2.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード