FC2ブログ

孤独のすすめ

2018年03月27日04:56

私はセミナーや講演では
当然のごとくよくしゃべります。
その後、みんなでお酒を飲むのが好きで、
そのときも大笑いしながらよくしゃべります。

そんな私を見て皆さんは私のことを
明るくて社交的だとか話し好きだと
思っている人が多いようですが、
実は、私は一人でいる方が好きなんです。

昔から無口な方でしたし、
特に予備校時代などは、
両親と話をすることもなかったので、
夜寝る前に「あれ、今日ってしゃべったっけ?」と
思うことがしばしばあったほどです。
それくらい普段は人と積極的に
かかわることもしませんでしたし、
もちろん話をすることもありませんでした。

さすがに大学時代や研修医時代は、
人と話をする機会は多くなりました。
また、心療内科医時代は、仕事の関係もあり、
さらにしゃべる機会が増えましたし、
それは今も同じです。

ただ今もそうですが、
基本的に自分は一人でいるのが好きなんです。
“孤独を愛する”と言うと
聞こえがいいかもしれませんが、
それくらい一人の時間を大切に思っています。

なぜかと言うと、一人でいると
自由に色々なことができるからです。
まず、気楽に過ごすことができます。
周囲に気を遣う必要はないので、
その間は解放感に満ちあふれています。

また本を読んだり、熟考したりして
考えをまとめたりするのが好きなのですが、
当然、それらも一人のときにしかできません。
ブログを書いたり勉強したりするときも同様です。
何かを集中してやるときには
一人でいる空間が最高の環境になります。

このように一人でいる時間は、私にとって
たくさんのことをインプットしたり
アウトプットしたりする機会であり、
自分の学びや成長に欠かせない時間なのです。

もちろん仕事もしているので、
病棟や外来で患者さんやスタッフと
話をしているときは
当然一人ではないのですが、
やるべき仕事が一段落着けば、
自分の机に戻り、自分のやりたいことをして
孤独を楽しんでいます。

休憩時間やちょっと空き時間ができたら
仲間と話をしたり雑談をしたりして
過ごす人もいますが、
私はそのような時間をできるだけ
自分の時間として使いたいので、
みんなと群れたりはしません。
そんなときも、
自分は孤独が好きなんだなと思う瞬間です。

また映画もよく見るのですが、
これも決まって一人です。
ちょっとしたシーンに感動して
涙することも多いのですが、
もしも誰かと一緒に見に行ったとしたならば、
涙を拭う恥ずかしさの方が勝ってしまい、
無意識に涙を堪えてしまうと思うからです。
それが私は嫌なので、
基本的には映画は一人で見ると決めています。
その方が、遠慮なく
感動を味わえるというわけです。

また、何もない休日のときは、
外で昼食を取りながら
一人でビールや日本酒を
傾けていることも多いのですが、
ほろ酔い気分でボーッとして過ごす時間も、
私にとっては至福とときなのです。

このように一人でいることには、
多大なメリットがあり、
最も大切にしたい時間なのですが、
ひとつだけ例外があります。
それは夜に飲むときです。

昼飲みは、ほろ酔い気分程度しか飲まないので、
一人で過ごす方が幸せを感じるのですが、
ある程度お酒が回ってくると、
人と話をしたくなるし、
楽しく盛り上がりたくなります。
ですから、夜はみんなと一緒に
ワイワイ飲むのが好きです。

逆に、夜に一人で飲まざるを得ないようなときは
さすがに寂しさを感じます。
日中にやるべきことをやったという満足感から、
夜くらいは十分に楽しみたいという思いが
出てくるのかもしれません。

そんなわけで、日中は一人を楽しみ、
夜はつながりを楽しむ。
そんな生活が私にはあっているみたいです。

皆さんも、一人でいる時間を十分に有効利用し、
孤独を満喫してみませんか。


スポンサーサイト

コメント

No title

私の知ってる先生は、診察室でにこやかな顔はしない人です。明るくて社交的だと思ったことは一度もありません。こちらの状況に合わせてくれてるのかもしれないけど。孤独が好きというのはよく出ています。そう言えるのはご家族のおかげですね・・ 

  • 2018年04月05日 06:46 |
  • なかこしけいこ URL :
  • 編集

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://kuromarutakaharu.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード