数字の記憶術

2018年02月25日18:23

私は以前から記憶術に関心があり、
10個程度の単語なら、イメージを使って
簡単に覚えることができます。

ただ、以前からやろうと思っていたのですが、
実際にはなかなかできなかったものに、
数字の連想記憶術があります。
例えば、15ならイチゴ、
16ならイチローというように、
1~100までのすべての数字に単語を関連づけ、
それをすべて覚えておけば、
10~20桁くらいの数字であれば簡単に
覚えることができるという方法です。

例えば、94176542であれば、
「94」は串、「17」はイナゴ、
「65」はムツゴロー、「42」はシーツと
覚えているので、
「串」に「イナゴ」を通し、
それをムツゴローさんが食べながら、
シーツを体に巻き付けている
イメージを描けば、
94176542という数字は
簡単に覚えられます。

1~100の単語表は
自分独自のものを作ればよいのですが、
それが瞬時に出てくるように
覚えておく必要はあります。

今年になってようやく自分独自の単語表を作り
それを全部覚えました。

私の場合、毎朝スクワットを150回しているので、
そのときに「1,2,3‥」と数えながら、
それぞれの数字に関連づけた単語を
思い浮かべるという作業をすることで、
毎日復習をしています。

これを覚えておくと、色々な場面で役に立ちます。
私は、毎日朝起きた時間と
その日の体重を記録しているのですが、
その場では記録をしないので
覚えておくしかありません。

例えば、朝3時37分に起き、
シャワーを浴びたあとに体重を量ったら
64.7kgだったとしましょう。
その場合は「37」は「サナダムシ」、
「47」は「竹刀」なので、
サナダムシを竹刀で叩いているイメージを
頭に焼き付けたら、それで記憶できます。

病院に行き、適当なときに手帳に
起床時間と体重を記録するのですが、
簡単に思い出せます。

あとは映画を見る際、
インターネット予約をすることが多いのですが、
チケットの発券の際に必要な
4桁の予約番号が示されます。
これなどもすぐに覚えらます。

念のため手帳に予約番号をメモしていますが、
そのときに覚えてしまうので、
発券の際も、敢えてメモを見る必要がありません。

私にとっては、
これは手ごろな頭の体操になっています。
皆さんも独自の単語表を作り、
数字の記憶に挑戦してみてはいかがでしょうか。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://kuromarutakaharu.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード