「心の治癒力」再考

2016年09月24日06:01

私が「心の治癒力」という言葉を使い始めてから
もう20年以上が経ちます。

もともとは心が持っている、
身体症状を改善させる力という意味で、
この言葉を使っていました。

例えば慢性疼痛の患者さんでも、
希望が持てたり、気持ちが明るくなったりすると
痛みが軽減ないしは消失します。
これが「心の治癒力」だという理解です。

しかしあるときから
必ずしも身体の症状に関係なく
「心の治癒力」はあると思うようになりました。

例えば、愛する人や子供を亡くし、
悲しみに打ちひしがれたり、
不安や落ち込み気分で
悶々とした日々を過ごしている人であったとしても
ある程度の時間が経過することで、
次第に心が癒され、
気持ちも楽になってくる人も多いということは
誰もが感じているところです。

つまり、身体には傷や症状を治す力があるように、
心にも自分自身の心の傷や症状を癒す力があるということです。
それもまたれっきとした「心の治癒力」だと思ったのです。

さらに、様々な患者さんの治療経験から、
自分が抱える悩みや問題を解決したり、
苦しみから這い上がってくる力が人には存在しており、
これもまた「心の治癒力」だと思うようになりました。

悩みや問題は時の流れにより自然と解決することもありますが、
様々な工夫や気づき、努力、忍耐により
初めて問題が解消されることも少なくありません。

このような悩みや問題を抱えているときは
誰もが辛い思いをしているでしょうし、
そのストレスで身体症状が現れることもあるでしょう。

その原因となっている問題を解決しなければ
心の癒しも身体症状の改善もないわけですから、
自らの力で問題を解決するという意味での「心の治癒力」は
特に重要だと言わざるを得ません。

ですから今は以下の三つの意味で
「心の治癒力」という言葉を使っています。

1,心が持つ身体症状を改善する力
2,心が持つ自分の辛さを癒す力
3,悩みや問題を解決する力

「治癒力」という言葉を
「治」したり「癒」したりする「力」だと理解するなばら、
まさにこの三つの意味合いを持つ言葉が
「心の治癒力」だと言えます。

皆さん、いかがでしょうか。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://holicommu.web.fc2.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード