FC2ブログ

会いたい人に会う

2019年08月20日19:06

先日、還暦を迎えました。
あれこれ若かった頃のことを考えていると、
そう言えば昔はよく、人に会いに行っていたなと
そんなことを思い出しました。

大学時代、つまり昭和60年前後くらいですが、
当時、流行っていた「ニューエイジサイエンス」にとても関心があり、
それに関連する本をいろいろ読んでいました。

ある時、とても感動した本があったので、
是非、その著者と会いたいと思い、
手紙を書いたことがあります。

その人にホリスティック医学に関心があると伝えると、
そうであれば上野圭一さんの方が適任だと言われ、
すぐさま上野さんを紹介してくれました。

上野圭一さんは翻訳家であり、
アンドルー・ワイルの「人はなぜ治るのか」という本を
訳された方で、その後も彼の本はすべて上野さんが訳しています。

結局、上野さんとのつながりから
ホリスティック医学協会が設立されることを知りました。
すぐさま入会し、以来30年にわたり、
この協会と歩みをともにしています。

他にも「タオ自然学」の著者であるフリッチョフ・カプラや
「生命潮流」の著者であるライアル・ワトソンも
当時は憧れの人でした。

ところが偶然、二人が来日し名古屋で講演することを知り、
いても立ってもいられなくなり、
平日でしたが大学の授業をさぼり、
一人名古屋に講演を聴きに行きました。

すると、会場に入ろうとすると、
田舞さんという方に偶然会いました。
田舞さんは、当時日本青年会議所(JC)の副会頭をされており、
数ヶ月前にセミナーでたまたま知り合いになった方でした。

ところが驚いたことに、
この講演会を主催していたのが東海地区のJCであり、
そこに田舞さんも応援に駆けつけたというわけでした。

すると田舞さんは
「カプラたちに会いに行くから一緒に行こう」と言うのです。
事情がよくわからないまま、田舞さんの後をついて行くと、
そのまま控え室に入って行くではないですか。

通訳を通してカプラやワトソンを紹介され、
一緒に写真も撮りました。

ただ単に講演を聴きに行こうと思っただけだったのに、
憧れの二人と会って写真まで撮ってもらうなんて
夢のようでした。
思いは通じるものですね。

もう一人、会いたいと思っていて実際に会った人がいます。
それは「死ぬ瞬間」の著書で有名なキュ―ブラ・ロスです。

本屋でたまたま、キュ―ブラ・ロスが行っているセミナーを
日本でも開催することを知り、
一度受けてみたいと思い、
本に書いてあった連絡先に連絡をしてみました。

このセミナーは、
心に苦しみを抱えている人が対象でしたが、
私はそのような悩みや問題は何もありませんでした。

ところが、セミナーの主催者の方と話をしたところ
スタッフとして参加してもらってもよいと
許可をくれたのでした。

さらに驚いたことに、
そのセミナーには今回、
キュ―ブラ・ロス自身が息子さんとともに
お忍びで来るというのです。

いや~これまた感動しました。
セミナーで実際のキュ―ブラ・ロスと会い、
いろいろ話を聴くことがでるなんて
思ってもみませんでしたので。

おまけにセミナー修了後、スタッフの何人かと一緒に、
名古屋駅でお茶を飲んだのもよい思い出です。

途中、トイレに立ち、戻ってきたキュ―ブラ・ロスが、
トイレが和式だっので
どうやって用を足したらよいのかわからなかったと、
笑いながら話をしていたのが印象的でした。

当時を振り返ると、私は本当に積極的でした。
とにかく、本を読んで感動すると、
すぐに著者に連絡をして会いに行っていました。

会ってどうするという目的があったわけではなかったのですが、
とにかく直接会って、もっと話を聴きたいという思いでいっぱいでした。

お陰で色々な人と出会うことができましたし、
学生の頃や医者になりたての頃は、
みなさん、喜んで会ってくれました。

しかし今はとてもそんなエネルギーはありませんし、
そこまでして直に会いたいという人もいません。

もっとも、会いたいと思う人がいても、
ほとんどの人は自分よりも年下であり、
こんなおじさんがと思うと、
なんか遠慮してしまいます。

そういう意味では、60年も経つと人は変わるものですね。
昔は本当に若かったと思います。
後先のことを考えずに行動し、向こう見ずなところがありましたが、
それが今の自分を作り上げているんだなとも思います。

これからは、今までたくさんもらった分、
今度は若い人たちに分け与えていけたらと思っています。
それが私の役割だと思っています。

そんなことを書きながら、
私もこんなことを考える年齢になったんだなと、
ちょっと複雑な気持ちになりました。



スポンサーサイト




プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://kuromarutakaharu.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード