FC2ブログ

結婚式

2019年03月04日18:40

ちょっと気を抜いていたら、
前回のブログから1ヶ月以上経ってしまいました。
何を書こうかと少々考えたのですが、
今回は、かなりプライベートなことを書くことにしました。

実は、先日、私の息子の結婚式でした。
籍はすでに去年の11月に入れているのですが、
式はまだ挙げていませんでした。
そんなわけで先日、両家の親戚だけを集めた
こぢんまりとした挙式と披露宴を行いました。

新婦はとてもきれいで明るく楽しい子で
以前からよく家に遊びに来ていたので
その性格や雰囲気もよく知っていました。

普段はあまり笑顔を見せない息子ですが、
結婚式やその後の披露宴では、
今まで見たことのないような満面の笑みを見せていました。

私から見ても二人はお似合いの夫婦だと思います。
息子は欠点や不器用なところも多々ありますが、
それを補い埋めてくれるのが彼女なんだなと、
息子のスピーチを聞きながら思いました。

私ともほとんどまともに話をすることのない息子でしたので、
彼女のどのような点が気に入ったのかと聞いても、
「さあ」と言うだけでまともには答えてくれません。

もっとも私も無口であり、両親ともまともに話をしなかったので、
昔を思い出しながら、息子も自分に似ているなあと、
つくづく思ってしまいました。

そんな無口な息子なので、
まともに披露宴でスピーチができるか心配でしたが、
原稿を読みながらではありましたが、それなりの内容であり、
話し方もしっかりしており、ホッとしました。

実は、私が結婚披露宴を挙げたときも同じ状況でした。
両親は、私が本当に人前でスピーチができるのかと
ひどく心配していたようでしたが、
ごく普通にスピーチをこなすのを見て、
「自分の息子とは思えなかった」と、後で感想を述べていました。
いかに自分が両親の前では
まともに話をしていなかったがよくわかります。

また、披露宴で参列者が座るテーブルの各席に名札が置かれていましたが、
その裏にメッセージが書かれていました。
全員がみな違うメッセージでしたが、
これを読んでちょっと嬉しくなりました。

息子とは色々ありましたし、
また、どちらかと言うと私は放任主義で、
あまり息子とは関わらなかったところもあります。
そんな父親に対してのメッセージに書かれた
「二人の子に生まれて本当に幸せでした」の一文を見て、
たとえ、ヨイショしているところがあったとしても、
ちょっと気持ちが楽になりました。

それにしても、
人が幸せそうにしている姿を見るのは本当にいいものですね。
それが自分の息子であればなおさらのことです。
二人の幸せそうな笑顔やしぐさ、振る舞いを見ていると、
こちらまでこの上ない幸せな気持ちになります。

ただひとつだけ残念だったことがあります。
2時間半にわたって行われた披露宴でしたが、
その最後の最後に新郎の父である私のスピーチが残っていたため、
へべれけになってはいけないと思い、
美味しいお酒を十分に味わうことができませんでした。

こんなにお酒を飲まなかった披露宴は初めてです。
まあ、たまには泥酔しない飲み方もいいかもしれませんが。



スポンサーサイト

テーマ : 家族・身内
ジャンル : 心と身体


プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://kuromarutakaharu.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード