釧路、知床の旅(後半)

2017年07月31日18:55

羅臼(らうす)でのメインは
午前中がトレッキング、午後はクジラウォッチングです。
とても楽しみにしていたのですが、どちらも期待はずれで少々がっかりしました。

トレッキングはてっきり羅臼湖まで行くと思いきや、
そうではなく高山植物の説明などを聞きながら、
森の中を1時間ほど歩き、熊越の滝まで行くというものでした。  
植物や昆虫、鳥などに関心のある人ならば、
とても興味深く楽しめたのでしょうが、
私のように全くの門外漢にとっては、
説明を聞いてもあまりピンと来ませんでした。

知っている人が知らない人に興味をそそるように説明をするというのは
結構難しいものだということを改めて認識した次第でした。
私も気を付けないといけませんね。

ビジターセンターで一休み、その後のスケジュールは流動的とのことでしたが、
結局、車で行けるところまで知床半島を先端に向かって走りました。
途中、運がよければヒグマが見られるとのことでしたが、
その期待も空しく、結局1時間半ドライブをして
帰ってきたといった感じでした。
なんか肩すかしを食らった気がしました。

さらに衝撃的だったのが昼食です。
私は道の駅にある食堂でウニ丼を食べようと決めていたのですが、
ガイドさんがおすすめのお店があると言って教えてくれたので、
そこに行くことにしました。

当然そこでもウニ丼を注文しようとメニューを開くと
な、な、なんと、「今年はウニは終了しました」と書いてあるではないですか!
これにはかなりショックを受けました。
ウニ丼を食べることだけを楽しみにしていたのに、
結局、海鮮丼を食べることにしました。

あとでガイドさんにそのことを聞いてみると、
羅臼は6月末でウニ漁が終わるとのことでした。
でも、でもその日は6月28日でしたから
食べられるはずなのに‥
実際、後ほど道の駅の食堂を覗いてみると、
ちゃんとウニ丼があるではないですか!
もう、わけがわかりません!

それに追い打ちをかけたのが
午後のクジラウォッチングクルーズでした。
約2時間半、船に乗ってひたすらシャチやクジラを探していましたが、
結局、見られたのはイルカだけでした。
メインのクジラもシャチも見られずじまい、あ~疲れた。
これで1万8千円はちょっと高くないですか。

16時にツアーは終了、そのまま本日の宿泊地であるウトロに向かいました。
途中、知床峠を越えるのですが、その日はとても天候がよく、
眼前にそびえ立った羅臼岳の勇姿もはっきりと見ることができ、
また、根室海峡越しに浮かぶ国後半島も          
はっきりと見ることが出来ました。
それだけでも、ちょっと救われた気がしました。

17時前にはウトロ温泉のホテルに到着、
まずは温泉につかり、今日一日の疲れを癒しました。
18時15分からレストランに場所を移し、そこで夕食を食べました。

ちょっぴり高級なホテルに泊まったので、
出てきた食事は羅臼のものとは異なり、豪華なものでした。
もちろんビールや日本酒も飲みながら、
くつろぎの時間を過ごさせて頂きました。

このホテルには夕日の絶景ポイントがあり、
せっかく来たのだから是非見ておきたいと思ったのですが、
日没が7時07分となっており、食事の真っ最中。
どうしようかと迷っていたのですが、
レストランに行ってみると、なんと食事をしながら
夕日が見える席でした!

お店の人に言わせると、この2週間は曇っていて夕日が見えなかったそうで、
今日は久しぶりにきれいな夕日が見えそうなので
お客さんはラッキーですねと言われました。
ん~ちょっと満足!

あとは、本日最大の目玉であるスターウォッチングを残すのみ。
一番心配していた天候も、多少の雲はあるものの十分にOK!
よ~し、行くぞ~と思っていた矢先にツアー会社から電話が‥
「このあと雲が広がる可能性が高いので今日のツアーは中止です」だ・と・さ。
雲もあまりないし、動きも早いし、星も少し見えているし、
大丈夫だと思っていたのに!あ~ショック!

仕方なく、その後もビールや酒をガンガンのんで、
8時半頃にはもう寝てしまいました。
ところが、ふと目を覚ますと夜中の1時半。
窓から外を見ると、な、な、なんと、星空がよく見えるではないですか!

ホテルの窓からだと、多少灯りがありやや見えにくかったので、
すぐさまホテルの外に出て、できるだけ光がないところまで行き、
そこで夜空を見上げました。
いや~雲一つなく、満天の星空であり、天の川もはっきりと見えました。
ホテルのすぐ近くですので、ある程度の灯りは避けられませんが、
月明かりもなかったこともあり、一年ぶりに天の川が見られて感動でした。

今回は見られないとあきらめていただけに喜びもひとしおです。
部屋に戻りベッドに入ったら、
ちょうど窓から天の川がうっすら見えるではないですか。
寝ながら天の川を眺めるなんて、かなり贅沢だなあと一人喜んでいました。

そのまま眠りにつき、ふと目を覚ますとまだ2時半でした。
再び窓の外をみたら、もう天の川は見えませんでした。
なぜならば、空がすでにあかるくなりつつあったからです。
知床の夜明けは早いなあ~

次に目を覚ましたのが5時でしたので、そのまま起床。
ウトロの港、ゴジラ岩などを見ながら40分のウォーキングを楽しみました。
駅の道のトイレには去年と同様の張り紙がしてありました。
「ここはトイレです。寝ないで下さい。髪や体を洗わないで下さい。
洗濯をしないで下さい。魚を洗わないで下さい」
何度見ても笑えます。

朝はたっぷり時間があったのでバイキングの朝食を食べ
ホテルの売店でお土産をたくさん買い込みました。
二人の息子のお土産にパンツを2枚買いました。
1枚3600円もするパンツです、ぼったくられた気がしました。

朝ゆっくりしていたのですが、ついでだから知床五湖に行こうと
時間を調べてみると9時からガイド付きの小ループのコースがあったので
これに参加することにしました。

ホテルから車で飛ばしてギリギリセーフ。
1時間半の間、ガイドの方と一緒に、自然の中を歩きながら、
木々や草花、鳥、魚等々について、いろいろと教えてくれました。
鳴いているウグイスの声を聞きながら、
「ウグイスって一夫多妻制なんですって、いいですね」と言って今いました。
幸か不幸かヒグマを見ることはできませんでしたが、
晴れ渡った青空の下、知床五湖や知床連山を眺めていると
何とも言えない自然との一体感を感じますね。

10時半には再び車に乗り、一路、知床斜里まで走りました。
知床半島を、オホーツク海を見下ろしながら走るというのも
何とも清々しくて気持ちのいいものです。

そこでレンタカーを返し、今度はバスで女満別空港へ。
揺られること約1時間半、無事空港に到着しました。
すでに2時過ぎになっていましたが、飛行機は15時40分でしたので
時間には十分余裕がありました。
そこで少々遅めの昼食を取りました。

ジンギスカンとオニオンサラダ(地元の名産品だそうです)、唐揚げをつまみに
地ビールやサッポロビール、それにいつもの熱燗を飲んでいました。
昼だというのにすっかり酔ってしまいました。あ~いい気分。

帰りの飛行機はエンジンから煙が出ることなく空港を飛び立ち、
16時前に無事、名古屋の中部国際空港に到着しました。
あとは名鉄に乗り、新幹線を乗り継ぎながら19時前には無事自宅へ到着。

楽しみにしていた3泊4日の釧路~知床の旅もアッと言う間に終わってしまい、
明日らか仕事かと思うと急に現実に引き戻された気がしました。
ついさっきまで、あの大自然の中にいたのに、
名古屋に着いたあたりから急に人も車もせわしくなり、
それに伴い気持ちもど~んと沈んでいくのがよくわかりました。

また来年まで、現実の中で頑張ります。
今年の道東旅行の報告でした。



スポンサーサイト

プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://holicommu.web.fc2.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード