傾聴の功罪

2017年06月22日18:22

以前、緩和ケア病棟で傾聴ボランティアをしたいと、
心理学部を卒業した心理士の方が訪ねて来たことがありました。

そう言われても、その方が
どのような実力を持っているのか全くの未知数だったので、
まずは一度、実際の患者さんとかかわってもらい、
それを見てボランティアとして採用するか否かが決めようと思い、
患者さんの許可をもらい、
二人の方の話しを聴いてもらうことにしました。

一人目は、患者さん自身ではなく
毎日付きそいをしている妻でした。
私は実際の場面には入らず、あとから話しを聞いたのですが、
その方はとてもよかったとすごく喜んでいました。

この方の場合、夫の強い希望もあり、夫が末期がんになっていることを
兄弟や子供たちにははっきりと伝えていなかったのですが、
妻からすると、そのことが気がかりで仕方なかったというのです。

でも状態がかなり悪くなってきていたので、
もう伝えなくてはと思い、数日前に兄弟や子供に話しをしたそうですが、
そのときの、言うに言えない辛さや、
言って本当によかったのだろうかという思いなど、
すべてを洗いざらいしゃべったというのです。
彼女はなんら自分の意見をはさむことなく
最後までただひたすら聴き続けてくれたようで、
それでホッとして、ようやく肩の荷が下りたとのことでした。

この心理士の方が徹底して傾聴してくれたお陰で
妻はすごく楽になったようでした。

次にもう一人の患者さんのところにも行ってもらいました。
その患者さんは、歩行器を使えば自分で歩けるくらいの
まだ元気で、明るくおしゃべり好きな人でした。

この患者さんにも終了後に感想を聞かせてもらったのですが、
心理士の方が何もしゃべってくれなかったので
本当に困ったと言っており、こちらはかなりの不評でした。

この患者さんが言うには、部屋に来て簡単な自己紹介をしたあと
しばらくずっと沈黙が続き、気まずくなってきたので、
患者さんの方から心理士の方にいろいろなことをたずねたというのです。
結局、自分のことはほとんど語らず、
気まずい時間の中で、ひたすら彼女に質問をすることで
時間を稼いでいたというのです。

この患者さんからすると、
もっと自由にいろいろとおしゃべりがしたかったのに、
彼女は何もしゃべってくれず、ただひたすら黙っているだけだったので、
とてもやりにくく、あまりいい時間ではなかったようでした。

この心理士の場合、二人の感想が両極端だったのでとても印象に残りました。
彼女は、話しを聴いてほしいと思っている人にとっては、
まさにうってつけの存在となりうるのですが、
取り立てて問題や話題のない人にとっては、
積極的に質問をして患者さんから話しを引きだしてくれない限り、
単なる苦痛な存在にしかならないのです。

傾聴と言うと、よく話しを聴き受容し共感することが大切だと言われますが、
今回のエピソードを通して、傾聴にも質問力が大切だと思いました。

もちろん、患者さんが自発的にどんどん話しをしてくれる場合はいいのですが、
無口な患者さんや特に話しがないような場合には、
こちらから質問を投げかけ、本人がしゃべりたいと思うことを
うまく引きだす必要があるのです。

患者さんが話しをし始めて初めて傾聴が成り立つわけであり、
いきなり傾聴から入ってしまうと、相手に対して
このような不快な思いをさせてしまうことにもなりかねません。

傾聴の大切さは今さら言うまでもありませんが、
相手によっては、うまく話しを引きだす質問力がないと
せっかくの傾聴もかえってあだとなることを
この心理士の関わりを通してあらためて思い知らされた気がしました。


スポンサーサイト

プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://holicommu.web.fc2.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード