大発見の裏にある驚きの視点!

2016年11月21日06:48

つい夢中になって読んでしまいました。
「フェルマーの最終定理」(サイモン・シン著、青木薫訳、新潮文庫)です。
500頁近くある本ですが、思わず吸い込まれてしまいました。
まるで推理小説を読んでいるようで、
早く先が読みたくて仕方がなくなるのです。

350年も間、決して解くことのできなかった数学の難問が、
1994年にアンドリュー・ワイルズによって解かれたのですが、
そこに至る歴史や、それにかかわる多くの数学者の業績、
さらには本質を理解するための、様々なたとえ話などを駆使して
全く数学がわからない素人でも興味深く読める本でした。

フェルマーの定理とは、
Xⁿ+Yⁿ=Zⁿ(Xのn乗+Yのn乗=Zのn乗)
この方程式はnが2より大きい場合には整数解を持たない

という、たったこれだけのものです。
n=2のときは3²+4²=5²となり成り立つことが簡単にわかります。
nが3以上の場合は、この等式を満たす整数XYZはないという定理です。

現代数学の天才たちが350年かけても解けないような難問ですから、
それはそれは奥の深さは並大抵のものではありません。
しかしワイルズは、なぜ解くことができたのか。
そこには、どのような分野にも言える、ある隠された秘密があったのです。

この問題を解くために、多くの人が様々な方法を用いて挑戦しました。
また新たな一歩を踏み出すために、新しい方法をたくさん開発いていきました。
それでも、どうしても解けなかったのです。

そこに風穴を開けるヒントになったのが、
谷山豊、志村五郎という二人の日本人のある予想でした。
それは谷山=志村予想と呼ばれるものですが、
内容は私たちのような一般人には理解できないものです。

それでも、あえて比喩を使って説明します。
動物と植物は全く異なるものですが、
両者とも細胞から出来ているという点では共通しています。
つまり、動物も植物も細胞という視点から見ると、
実質的には同じ生物だと言うことができます。

谷山=志村予想も、数学の領域の中で
全くかけ離れた、別々のものと思われていたものが、
実は実質的には同じものではないかという予想をしたのです。

そして、この谷山=志村予想が正しいということが証明できれば
フェルマーの定理も成り立つことがわかったのです。
ワイルズは、それから9年の歳月をかけ、
ついに証明したのでした。

この問題は、言ってみれば、動物学の専門家の知識と、
植物学の専門家の知識があってこそ解けたような問題でした。
ワイルズは、偶然にも、
この全く異なると思われていた両分野を
それぞれ研究する機会に恵まれていたのです。

もしもワイルズが、ひとつ分野にしか精通していなければ、
他の多くの挑戦者と同様、この定理を証明することは
できなかったと思います。

どの分野でもそうですが、学問はどんどん細分化され、
どんどん専門化が進みます。

医療の世界でも、肝臓病の専門家と心臓病の専門家では
お互いの分野の専門的なことになるとまるでわかりません。
うつ病に対する薬物療法の専門家である精神科医と
うつ病の心理療法を専門としているセラピストとでは、
考え方もやっていることも全く違います。

このように、どんどん細分化が進むことにより、
ひとつのことをより詳細に知ることはできますが、
その一方で、他の分野との関係性が見えなくなるため、
大切なものが見失われる危険性も孕んでいます。
なぜならば、物事はすべて
「部分」の中で完結しているわけではなく
つながりや関係性という「全体」の中で存在しているからです。

私たちは物事を考える際、
とかく一側面からしか見ない傾向にありますが、
ちょっと視点を変える、全体を俯瞰して見る、
さらには異なる分野との関係性を見るといった視点があってこそ、
初めて新たな気づきや発見ができるものなのです。

この本を読んで、つながりと関係性の重要さについて
あらためて深く考えさせられました。
是非皆さんも一読してみて下さい。
きっと新たな気づきがあると思います。


スポンサーサイト

プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://holicommu.web.fc2.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード