視力0.03でも天の川は見える!

2016年08月25日08:23

年に一度の三日間の夏休みを利用して
北海道に行ってきました。

過去、ソウル、釜山、済州島と
韓国を中心に旅行をしていましたが、
その後、行き先を国内に変え、
昨年は西表島へ、
そして今年は北海道(道東)に行ってきました。

伊丹空港から釧路空港まで飛び、
そこから釧路湿原をながめながら
摩周湖や屈斜路湖へ、
さらに知床まで足を延ばし、
最終日は網走に寄ったあと
女満別空港から関空まで帰ってくるというルートでした。

ほとんどがバスでの移動でしたが、
ガイドさんのお話を聞きながらの移動だったので、
結構楽しめました。

摩周湖は過去二回行ったことがあるのですが、
いずれも霧がかかっており見えませんでした。
今回は三度目の挑戦でしたが、
展望台に着くと、湖の半分は霧で覆われ
半分は霧が晴れているという何とも神秘的な光景でした。

その後、次第に霧が晴れ
ついにその全貌を現してくれました。
深いブルーに覆われた湖面を見下ろしながら、
しばし時が過ぎるのを忘れていました。

次の日は、朝からバスで知床まで移動、
ヒグマやエゾシカをウォッチングしたり、
知床峠から国後島を望んだりと、
知床の自然を思う存分満喫してきました。

そしてその夜、二十時半にホテルを出発し
再び知床峠に車で登りました。
目的は、満天の星空と天の川です。
今回の旅行の、まさにメインイベントです。

車を降りると、
そこには満天の星空が広がっていました。
「わ~すごい!」と
思わず声が出てしまったくらい、
夜空が星で埋め尽くされていました。

そして天の川。
今まで、天の川を見たいと
何度かトライしましたが、
多分これだろうなという程度の
天の川しか見たことがありませんでした。

しかし今回ははっきりと見えました。
まさに、天人が羽衣をまとって
天空を飛翔しているような、そんな姿でした。

私の視力は裸眼で0.03くらいですから
眼鏡を外すと10cm先のものもぼやけます。
そんなド近眼の私が眼鏡を外して天を仰ぎ見ても
天の川だとはっきりとわかるくらい、
その存在感は圧倒的でした。

地面に仰向けになって
全天に散りばめられた星々を眺めていたのですが、
これだったら何時間でも
見ていられると思うくらい
感動的なときを過ごさせてもらいました。

今回は、敢えて月明かりのない日を選んで、
旅行の日程を決めましたが、
それでも天候までは予想することはできません。
でも今回は星を見るのには絶好の日でした。
先日は見えなかったと言っていましたから、
今回は本当に運がよかったと思います。

摩周湖と天の川を見るという
二大目標を達成した今回の旅行は大満足でした。

都会生活を離れ、携帯電話もオフにし、
大自然に恵まれた北海道の地で、
のんびりとした時間を過ごすのは
この上ない幸せを感じさせてくれます。

来年も、少しコースを変えて
もう一度行ってもいいかなとも
思っているくらいです。
今から、来年が楽しみになってきました。

あっ、書くのを忘れていましたが、
今回の旅行は嫁さんとの二人旅でした。


スポンサーサイト

プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://holicommu.web.fc2.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード