星を見に行ってきました!

2016年03月18日07:25

日本一星がきれいに見えると言われる
長野県の阿智村に行ってきました。

以前から阿智村のことは知っていたのですが、
自宅がある彦根からはすごく遠いところだと思っていました。
ところが調べてみると、何と車で2時間程で行けることがわかり、
いきなりテンションが上がりました。

あれこれ見てみると昼神温泉星空バスツアーなるものも、
3月31日まであることもわかりました。
いても立ってもいられなくなり、
行けそうな日を調べてみたところ、
3月15日の午後に出発し、
昼神温泉で一泊し、次の日の朝に出てくれば
仕事にもさほど差し支えることなく行けることがわかりました。

一人で行くのもなんなので
妻に「星を見に行かない?」と誘ったところ、笑われてしまいました。
私はムッとしたので、「なんで笑うん?」とたずねたところ、
星なんてわからないとか、タイヤは替えたのかとか、
車が変な音がすると言っていたけど大丈夫なのかとか、
訳のわからないことをあれこれ並べ立てていました。

結局、行くのか行かないのかはっきりしないまま、その日は終了、
宿の手配やツアーの予約の関係もあるので、
「行くんだったら14日の午前中までに連絡頂戴!」と言って、
私は寝ました。

すると14日の朝に電話があり、
「行かせて頂きます」と敬語の返事があったので、一緒に行くことにしました。
しばらく「も~」と牛が鳴いていました。

当日は仕事を14時頃には切り上げ、
14時過ぎに車で自宅を出発、
すると16時過ぎには昼神温泉に着きました。

18時からの夕食にはまだ時間があったので、
近くを1時間くらい散歩し、
その後、温泉に浸かり夕食を食べました。

安めの宿だったせいか料理はイマイチ。
でも、酒が飲めたらいいかと思い、
漬け物でも塩からでも、あてになるものを注文しようとしたのですが、
調理人がすでに帰ってしまったので出せないとのことでした。
まだ客が食べているのに帰るんか!と言いたくなりましたが、
ここは我慢しました。
でもショックです。もうここには泊まりません!!

そしていよいよ20時から星空バスツアーの始まりです。
ちょっとワクワク。
20名程度のお客さんとともに、バスで15分ほど走ると目的地に到着、
そこでガイドさんの解説を聞きながら星空をながめていました。

とてもきれいに見えたのですが、
この日は半月(上弦の月)が明るく輝いており、
ちょっと星が見づらかったのが残念でした。
それでも、ガイドさんが持ってきてくれていた望遠鏡で
初めて木星とその衛星を見ることができ、ちょっと感動でした!

解説はオリオン座やおおいぬ座、かに座、しし座といった、
初心者向けの星座の説明ばかりであまり面白くありませんでしたが、
妻にとっては、ちょうどよかったかもしれません。

22時にはホテルに戻り、明日にそなえ私はすぐに眠りました。
この時期は朝方に、さそり座をはじめとする夏の星座が見えます。
それを見るのも楽しみだったので、次の日は朝(夜中?)3時半に起きました。

まずはゆっくりと温泉に入り、その後は露天風呂に浸かりながら
満天の星空を楽しもうと思っていたのですが、
行ってみると風呂場の灯りと湯気のせいで星はあまり見えず、
これはちょっと期待はずれでした。

4時過ぎには宿を出発、車を走らせ
先日バスツアーで行った「ヘブンス園原」へ向かったのですが、
いつまで走ってもそれらしきところが見つかりませんでした。

途中でこれは道を間違えたと気づいたのですが、
周囲は真っ暗だったので、このへんでもいいかと思い、
とりあえず適当なところで車を止め、空を見上げてみました。

すると、どうでしょう、
あまたの星が煌々と輝いているではないですか!
月明かりも照明もなく、怖いくらいの暗闇の中で
光っているのは、ただ星だけという状態でした。
まるで空一面に宝石を散りばめたようなきらびやかさで、
こんなに明るく輝く星空を見たのは石垣島以来でした。

ただこれもちょっと残念だったことに、
すぐ横が山だったので、全体を見渡せる状況ではなく
天上にある一部の星しか見られませんでした。
せっかくの星空だったのに、小さな穴から空を覗いているような
なんか窮屈な感じでした。

紛れ込んでしまった道端での星座観測はそれくらいし、
来た道を戻り、ナビに従い再度「ヘブンス園原」へ向かいました。
しばらく走ると今度は、無事目的地に到着、
広々とした駐車場の真ん中に車を止め、
ついに見えると期待に胸を膨らませながら天を見上げました。

ところが、なぜか、つい先程見た、あの華やかさがないのです。
星もそれ程明るくなく、数もまばらな印象でした。
ふと東の空を見ると、薄ぼんやりと色が変わり始めているではないですか!

これまたショックでした。
今度こそは広大な夜空に輝く星のきらめきを思う存分味わおうと思ったのに
またもや光に邪魔されてしまいました。

そんなわけで夜は月明かりに、朝は日の出前の薄らあかりに邪魔をされ、
ちょっと不満の残る星空ツアーになってしまいました。
でも、気軽に来られる場所なので、近々再挑戦しようと思っています。
今度は、夜空を豪快に横切る天の川を見に行きたいです!
考えただけでワクワクします。今から楽しみです!

それからもうひとつ、
今度行くときは、牛を鳴かさないようにしてもらいたいものです。


スポンサーサイト

プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://holicommu.web.fc2.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード