私の便秘解消法?

2014年06月23日07:42

今回は便秘の話しです。
私は小さい頃から便秘で、3日、4日出ないのはあたり前、
気づいたら1週間出ていないということもよくありました。
毎日快便がある人にとっては信じられないかも知れませんが、
便秘の人って、こんなもんです。

だからと言って、私は一度も下剤は使用したことはありません。
小さい頃に親から浣腸をされたことは記憶にあるのですが…
もっとも便秘でも、それ程辛かったわけでも苦しかったわけでもなかったので
出るまで待っていたらいいかと思っていました。
しかし大人になると、みんなからそれは異常だ、健康によくないと言われ、
さすがに少し気にするようになりました。

そこで、とにかく便秘によいと言われるものを色々試してみました。
十分な水分や野菜の摂取、玄米、納豆、乳酸菌、各種サプリメント、
腹筋運動や「の」の字マッサージ等々、
人からよいと勧められたものやテレビでよいと言われたものは
とりあえずやってみました。
しかし、最初の2週間くらいは「いいかも」と思うのですが、
続けていると、だんだん慣れて?きてしまうせいか、
結局はもとの便秘状態に戻ってしまうのが常でした。

私は生後10ヶ月で虫垂炎(俗に言う「盲腸」)の手術をしています。
その際、左に虫垂があったようで、
腸管が通常の人とは反対の左回転である可能性があり、
それが便秘の原因なのかも知れないと密かに思っていた時期もありましたが、
今考えると、それは関係なかったようです。
(もっとも、腸の回転が逆かどうかも調べていないので実際にはわかりません)

一方、学生時代から試験勉強に集中しているときなどは
よく便が出ていましたし、
講演をする前など、適度な緊張感があるときにも気持ちよく便が出ます。
通常はリラックスすると副交感神経の働きが活発になり、
便が出やすくなると言いますが、私の場合は逆です。
リラックスしているときは便秘傾向になり、適度な緊張感があると便が出ます。
このことから察すると、普段の日常生活があまりに緊張感がなく、
ボーッとして過ごしすぎていることが
便秘の原因なのではないかとも考えました。
今でも、それはひとつの要因だと思っています。
なお、本屋さんに行っても私は便意を催しません。

さて、本題に入りましょう。
便秘の改善のために、あれこれ手を尽くしたのですが、
結局便秘はよくならず、半ば諦めていました。
あるとき、一体どれくらいの日数、便が出ないのか実際に記録してみようと思い、
十年前から毎日、便があった日となかった日を手帳に記録するようにしました。
平成16年から現在に至るまで、10年以上にわたり記録をつけています。
この記録を見てみると面白いことが見えてきました。
何と3年くらい前から、急に便秘傾向が改善し始めたのです。

実際の記録を見てみると
平成16年~18年までの3年間は年間160日前後であり、
排便率?は43%程度にとどまっていました。
平成19年、20年は年間200日前後であり、
50%ちょっととやや改善傾向にありましたが、
平成21年は年間160日で43.8%と、再び5割をわってしまいました。
しかし平成22年は207回で56.7%と
2年ぶりに50%を越え、かつ年間200日の大台にも乗りました。

そして平成23年は220日、60.3%と初めて6割を越え、
さらに平成24年は260日、71.0%と、7割をも越えたのです。
なおこの年には、20連チャン(20日間連続)という大記録も樹立しました。
毎日出ないのが普通のことだった私にとっては信じられないような出来事です。
この頃には、もう3日以上便がでないということは稀になりました。

また昨年は266日、72.9%だったので、
程度としては前の年と同じくらいでしたが、
日数的には自己記録を更新しました。
さらに10月には月間最多記録(28日)も達成しました。

今年はと言うと、今日現在まで174日中154日、88.5%という
これまた驚異的な記録が出ています。
このままのペースで行けば年間323回ということになり、
一気に300日越えを果たすことになります。
二日に1回あればよい方だった私にとって、
こんなにも毎日のように便が出るなんて本当に驚きです。

ではなぜ、こんなにも便秘が改善したのでしょうか。
はっきり言ってわかりませんが、
もしかしたら、こうして毎日記録を付けるということに、
それなりの意味があるのではないかとも思っています。
嫌でも毎日意識しますので、それが腸の蠕動運動を促す?のかもしれません。

もちろんそれだけの要因ではないでしょう。
3年前というと、私のピークだったストレスが一気に減った時期に一致します。
ストレスも便秘の大きな原因ですので、この可能性もありますが、
あまりストレスを感じていなかった時代でも便秘でしたので、
私の場合、ストレスが最大の原因だとは言えない気がします。

また、朝早く起きるのも便秘によいのかも知れません。
10年くらい前から5時頃には起きるようになり、
3年前からは3時半~4時頃に起きるようになりました。
ただこれも5時に起きていたのを4時に起きるようになったので
急に便秘が解消するようになったというのも考えにくい気がします。

と言うことで、結局、なぜ便秘が改善したのか私にもよくわかりません。
でも、毎日記録を付けるという作業をするだけでも、
少なからず便に意識が向くので、やるだけの意味はあるかと思っています。
便秘のみなさん、先ずは毎日の記録を付けることから初めてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://holicommu.web.fc2.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード