ソウルに行ってきました!

2011年09月21日07:26

久しぶりに3日間の完全休暇をもらい、ソウルに行ってきました。
ハングルの勉強をし始めて2年半、一度行きたっかった所でした。
病院からの呼び出しをいつも気にしながらの生活から解放され、
本当にのんびりと過ごすことができました。

家を5時前に出てJRに乗り、関空に到着したのが7時半頃。
出発時刻の9時半まで空港内のレストランでゆっくり過ごしました。
電車に乗ってからの約4時間の間、
ずっとガイドブックとにらめっこしながら3日間の予定を練っていました。

関空を9時半に飛び立ち11時過ぎには仁川空港に無事到着。
そのままバスに乗ってソウルに行き、すぐさまチェックイン。
思いのほか日本語が通じたので、あまり困ることはありませんでした。

ホテルに荷物を置くとすぐさま行動開始。
先ずは、是非行きたいと思っていたるフォーシーズンズハウスへ直行。
地下鉄の乗り方がよくわからずちょっと苦労しましたが何とか到着。
ここは四季シリーズに使われた様々なセットなどが置いてあるところです。
昔は要予約だったようですが、今はほとんど人がいないくらい寂れていました。
お陰で時間をかけてゆっくり見学、思いでのシーンを色々と思い出していました。

この段階で時間はすでに3時になっていました。
近くの食堂に入り、鶏肉とタコと野菜の鉄板焼き(名前を忘れました)を注文、
一緒に500ml瓶ビールを2本+α飲みました。
昼からビールが飲めるのはほんとに幸せです。
ここのお店の人は日本語がわからなかったのですが、
まあ、英語、韓国語、日本語のチャンポン語で十分通じました。

それにしてもびっくりしたのが、食事の量の多さと値段の安さ。
ゆうに二人前以上ある量で、かつビールを2本飲んで
日本円にして1,500円程度でした。
地下鉄も80円程度ですからすごく得した気分になりました。

ほろ酔い気分で地下鉄に乗り、次ぎに行ったのは南大門市場でした。
買い物にはあまり関心がないのでただひたすらブラブラして
どんなものがあるか見物していただけでした。
しょっちゅう日本語で声をかけられましたが、ニコニコして通り過ぎていました。

一通り見終わったあとは、これまたソウル中心街の明洞をプラプラ。
ここもお店が所狭しと並んでいましたが、これまた見学のみ。
だいぶ歩いて疲れたけど、数時間前に昼食を食べたばかりなので、
あまりお腹が空いていなかったのでどうするか迷ったあげく、
南大門市場の屋台で焼き鳥やチジミ、ホヤの刺身などをあれこれ買って
これをホテルで食べることにしました。
もちろんビールや焼酎などもコンビニで購入しホテルに戻りました。

そこで二人で夜遅く(と言っても11時頃)まで飲んでいました。
もっとも結構歩き続けたので疲れましたので、
ベッドに入ったらバタンキューでしたが。
あまり話題に出てきませんでしたが一緒に飲んでいたのはうちの嫁さんです。
お間違えのないように。

二日目は、先ずは朝7時頃にホテルを出発し、ソウル駅の下見。
あとは駅の中にあるお店でモーニングを食べました。
そのあと本日のメインである景福宮と昌徳宮へ行きました。
日本語ガイドがある時間に合わせじっくりと見て回ってきました。
ガイドさんが結構きれいで、つい見とれてしまっていました。
こういうのも楽しいですよね。

この日、道を歩いていると、妙な看板に出くわしました。
日本食の居酒屋だとおもうのですが、
ひらがなで「いーざかや」って書いてあるんです。
思わず笑ってしまいました。
日本人から見ると、こういうのって結構面白いですね。

結局9時半から1時半まで歩きっぱなしで、脚が悲鳴を上げていました。
そこから近くの食堂に入り、チゲ料理を食べました。
もちろんビールも2本程度飲みました。あ~満足。
そのあとNソウルタワーに行こうと思っていたのですが、
ちょっと疲れたのでホテルに戻り、一休み。
ちょっと寝るつもりが2時間も寝てしまいました。
でも、こんなのんきな生活ができるなんて、ほんとに幸せでした。

そろそろ夜の行動開始ということで、ホテルを5時頃に出発。
ホテル前からタクシーに乗りソウルタワーまで行きました。
現在、外国人客しかタクシーで上まで行くことができないようで、
途中、確認のためパスポートの提示を求められました。
何でそんなことをするのか意味がわかりませんでしたが、
帰りにロープウェイに乗って帰ってきた時にその意味がわかりました。

ソウルはタクシーも安くホテルからソウルタワーまで800円程度でした。
日本だと3,000円以上はかかっていたと思います。
ところがロープウェイの片道の料金は500円程度。
二人で乗れば1,000円ですから、タクシーよりも高いんです。
それなら当然、皆さんタクシーに乗りますよね。
そのためずいぶんと混雑していたのではないのでしょうか。
それを防止するためだと思うのですが、
今は外国人客のみに規制されていました。

ソウルタワーからはソウル市内が一望できるので、
とても見晴らしがよかったです。
東京タワーに初めてのぼったような気分でした。

7時すぐには再び明洞の街へ。
通りを歩きながら夕食を食べるところを探していました。
日本で通常、夜外で飲むときは、いわゆる居酒屋に行きます。
こちらも居酒屋はあるのですが、初めてだとちょっと入りにくさがありました。
通常のお店に入ると、とにかく量が多いので、あれこれ注文できません。
どうしようと悩んだあげく、ふと「風月」という看板が目に入りました。
風月はお好み焼き屋さんが有名ですが、ここには串カツ屋さんもありました。
そこで、その串カツ屋さんに入ることにしました。

串カツはなんと、どれも1本80円程度。10本食べても800円です!
あと冷や奴もあったので、これも注文しました、80円!
びっくりしたのがその大きさ!12cm×8cm×4cm程度の大きさがあり、
一丁そのまま出てきたといった感じでした。
これだけでもお腹が一杯になってしまう感じ。
おまけに枝豆はおまけでついてきました。

当然ビールも注文しました。
なぜか韓国のお店にはあまり生ビールがなく、
皆さん瓶ビールか焼酎を飲んでいました。
私は生ビールを頼んだのですが、これが何と640円程度と
他のものに比べると異常に高かったのです!
アサヒビールだったということもあるかもしれませんが、
通常の瓶ビール500mlが240円程度ですから、倍以上します。
二杯目からはさすがに瓶ビールにしました。
生ビール1杯分が串焼き8本分だと考えると、
つい注文しにくくなってしまいました。

ここで手頃な量の串カツを食べ満足満足!
あとは先日と同様、コンビニでつまみとビール等を買って
ホテルで飲み直しました。
や~こんな生活、本当に幸せです!!
仕事のことを何も考えず、のんびり過ごし、飲んで食って寝る。
こんな生活、一度してみたかったので、本当に満足です!

さて、いよいよ楽しかったソウル旅行も最終日。
午後2時10分発の飛行機でしたので、
午前中はどこかに行こうかと思っていたのですが、
結局中途半端になるため、早めに空港に行き、
そこでお土産を買ったり免税店巡りをしたりすることにしました。
8時にはホテルをチェックアウトし、ソウル駅へ向かいました。
先日と同様にそこでモーニングを食べ9時半に出発、
ソウル駅から特急列車に乗って仁川空港に10時半には到着しました。

ところが予定していた飛行機が機材の遅れとやらで
結局14時10分が17時出発になっていました。
早めに来たのが裏目に出た感じで、
結局空港を6時間以上プラプラすることになってしまいました。

あまりにも時間があったので、空港の端から端まで歩いて見学。
昼になった頃を見計らって食堂へ。
ここで念願の参鶏湯を注文、もちろんビールも。
日本では二人前が普通の参鶏湯(取り一匹入っています)が、
ここでは一人前!それでも値段は1,200円程度でしたら安い方です。
何とかがんばって食べ終わりましたが、あまりの量の多さに、
330mlビール1本しか飲めませんでした…。こちらの方が残念でした。

搭乗手続きを済ませたあとは免税店巡り。おみやげもあれこれ買いましたが、
私にとっては最も苦痛な時間でしたが…。
出発30分くらい前まで、あれこれお店巡りをし、
その後、仁川空港を出発、19時40分頃に無事関空に到着しました。
そこから特急はるかに乗り、家に着いたのは22時前でした。
楽しみにしていた2泊3日のソウルも旅もこうして終わりました。
再び現実に戻ると思うとちょっと気が重いですが、これは仕方ありません。

それにしても、何も気にすることなく一日を過ごすって、本当にいいですね。
この感覚は数年ぶりだったので、本当に満足感がありました。
私の場合、どこに行こうがよいのですが、
大切なのは一切のことから離れ、のんびりする時間を過ごすということです。
今までは、いつも携帯電話でつながれている感覚があり、
どこに行っても本当に解放されたという感覚がありませんでしたが、
今回の旅行を通して、犬が首輪を外され、外を思いっきり走り回るときの
解放された気持ちがとてもよくわかる気がしました。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行


プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://holicommu.web.fc2.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード