FC2ブログ

自由意思による選択は幸か不幸か

2018年11月30日13:19

私たちの日常は選択の連続です。
着るものから食べるもの、
どの仕事からかたづけるのか、
休みの日は何をするのか等々、
選択の繰り返しの日々を送っています。

数あるものの中から、
自分の意志で選択ができるということは
自分にとって最良のものを
選べるわけですから
とても幸せなことのように思われます。

ところが、実はそこに様々な誤解が
存在しているのです。

例えばインドでは今も
両親が結婚相手を決めるということは
普通に行われているようですが、
そのような取り決め婚と恋愛結婚とでは
どちらの方が幸せなのでしょうか。

実はこの調査は
ラージャスターン大学の心理学者
ウシャ・グプタとプーシバ・シングにより
すでにインドで行われています。

インドのジャイプール市で、
50組の夫婦を対象にしたものですが、
このうちの半数は取り決め婚、
つまり親が相手を決める結婚であり、
残りの半数は恋愛結婚でした。

結婚期間は1年から20年と
開きがありましたが、
どちらの方が幸せなのかを調査しました。

すると面白い結果が出ました。
恋愛結婚をした夫婦のスコアは、
結婚期間が1年以内の場合は91点満点中
平均70点でしたが、
結婚期間が長くなるにつれ
スコアは徐々に低下し、
10年を越えると40点しかありませんでした。

一方取り決め婚の夫婦は、
結婚したときは平均で58点と
それ程高くはなかったのですが、
期間が長くなるにつれスコアが上がり、
10年を越えた時点では
68点になっていたのです。

結婚相手くらい、
自分で決めたいと思うし、
それができなければとても不幸だと
思われがちですが、
長い目で見ると、
現実は必ずしもそうでもないようです。

確かに、恋愛結婚はたいていの場合、
減点方式で相手を評価することになるので、
結婚年数が長くなれば長くなるほど、
相手への評価は下がる傾向にあります。

一方、取り決め婚の場合は、
最初は、あまり期待して
いなかったかもしれませんが、
次第に相手のことがわかってくると、
お互いの理解が深まり、
最初の頃よりも幸せを強く
感じるようになるのかもしれません。

この場合は、加点方式で相手を
評価している可能性があります。

どのような評価をしているにせよ、
自分の意志で選択した結婚が、
選択の余地がない取り決め婚よりも
幸せを感じるとは限らないということです。

仕事もそうですが、
自分がやりたいと思って始めた仕事でも、
実際にやってみると、
思っていたのと違っていたとかいうことは
よくあります。

逆に、思ってもいなかった仕事を
せざるをえなくなったにもかかわらず、
やってみると結構面白くなり、
いつの間にやりその仕事が大好きに
なったということもあります。

自分の意志で選択するのか、
人に言われたままに従うのか、
どちらがよいのかなんて、
そう簡単には言えないものなのです。


スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

ノーベル賞報道に対する喜びと心配

2018年10月02日16:26

先日、ノーベル医学生理学賞が発表され、
京都大学特別教授の本庶佑さんが受賞しました。
彼が発見した免疫にかかわるタンパク質「PD-1」が
今話題の新薬である「オプジーボ」の開発につながっています。
日本人がまたノーベル賞を受賞できたということは
とても嬉しいことです。

2011年にはラルフ・スタインマンが
樹状細胞の役割を解明したということで、
同じくノーベル医学生理学賞を受賞しています。
こちらは、樹状細胞がんワクチン療法という、
オプジーボと同様、
がんに対する免疫療法の開発につながっています。

ただし、樹状細胞ワクチン療法は、
保険診療では認めてられていないため、
すべて自由診療による治療になります。

そのため治療を受けるとなると全て個人負担となり、
施設によっても異なりますが、
治療費は1クール数百万円かかります。

一方、オプジーボは保険診療で受けられる治療なので、
患者さんの負担は実際にかかる費用の1割~3割になります。
当初オプジーボは、年間3000万円以上かかる薬でした。

今は薬価の値下げによりだいぶ安くなり、
来月からはさらに値下がりしますが、
それでも、1回30万円前後はかかります。

これを2週間に1回、治療を受けるのですが、
仮に1年間続けたとすると約720万であり、
1割負担だとすると患者さんは年間72万円の支払いになり、
月々6万年程度の支払になります。
残りの費用は健康保険で賄われることになり、
それらは国民の税金により支払われることになります。

樹状細胞ワクチン療法のように、
治療を希望する人が全額負担するのと異なり、
医療保険で賄われる治療に関しては、
患者さん自身にはあまり負担がかからないかわりに、
国民みんなの税金でその負担を受けることになります。

治療が高額になればなるほど、
医療保険で支払われる額も高額になり、
そうなると、いずれは国民健康保険制度が崩壊することにも
なりかねません。

今は、ノーベル賞を取ったことで
オプジーボのよい面ばかりに目が向けられていますし、
その勢いに乗って、今後はさらに
オプジーボで治療されるがん患者さんも増えてくると思います。

もてはやされればされるほど、
どんどん医療費は高騰し、国の財政を圧迫することになります。
みんながノーベル賞受賞を喜んでいるのを見て、
ちょっと心配になってしまうのは私だけでしょうか。


内向的な性格を楽しむ

2018年04月26日20:04

前回は「孤独のすすめ」について書きました。
今回は、それに関連する内向性について書きたいと思います。

私は、前回も書いたように
セミナーなどでは明るく楽しく話をしますし、
飲み会でもよく飲んで、よくしゃべります。

でも実は一人でいるときがいちばん好きなのです。
周りのことに気を遣うこともなく
自分の好きなことを自由にできるからです。
自分は外向的な性格か、内向的な性格かと言われたら、
間違いなく内向的な性格です。

一般的に内向的な性格よりも外向的な性格の方が
よいように思われがちですが、そんなことはありません。

確かに、外向的な性格の方が明るいし社交的で目立ちます。
それはそれでよいのですが、
内向的な性格にもよい点がたくさんあります。

例えば、じっくりと考えるのが得意だとか、
本を読んだり勉強や研究をしたりするのが好きだとか、
知的な作業やクリエイティブな活動が得意だとか、
自制心や思慮深さがあるといったような点が
内向性の長所と言えましょう。

ところが、このような内向的な性格であるにもかかわらず、
私のようにセミナーや飲み会の席では
なぜ外向的になるのでしょうか。

それは、人は自分が強い関心を持っていることには
雄弁になるからです。
私は心療内科医の時に心理療法のおもしろさに目覚め、
以来、コミュニケーションや心理療法に強い関心を持ち続けています。

その証拠に、16年程前に緩和ケア医になりましたが、
その間も心理療法への思いは忘れることができず、
それからもずっと自分なりに本を読んだりしていました。

つまり、私にとってコミュニケーションや心理療法は
自分が最も強い関心を持っているものだと言えます。
だからこそ、コミュニケーションのセミナーまで開催するようになり、
それを大いに楽しんでいるのです。

セミナーに参加している人たちからすれば、
私はとても社交的で外向的なように
見えるのかもしれませんが、
それはあくまでも自分がとても関心のあることについて
語っているからです。

皆さんも同じだと思います。
釣りや野球、音楽、料理、絵画、歴史と好きなものは人それぞれですが、
それがたまらなく好きだというテーマに関して話をしているときは
誰でも外向的になり社交的になれるのです。

ですから、内向的な人は
普段は一人で本を読んだり、考え事をしたりと、
内向性本来のよさを活かして、
それを十分に楽しめばよいのです。

その一方で、自分がとても得意なことに関しては
同じことに興味のある仲間と一緒に
大いに語り合い、大いに楽しんだらよいのです。
そのときは普段は影をひそめている
自分の中の外向性が大いに力を発揮してくれます。

全てのことに明るく社交的に振る舞うのは
内向的な人間に取っては苦痛以外のなのものでもありません。
ですから、そんなことはする必要はありません。

普段は内向的に振る舞い、
大好きなことに関しては外向的に振る舞うことができるのが
内向的な人間です。
その点を十分に理解した上で、
内向性を大いに楽んだらよいのです。

自分が内向的だと思っている皆さん、
大いに内向性を楽しもうではないですか。


理想論は嫌いだ!

2017年11月29日05:49

私は理想論やきれい事を言う人を
どうしても好きになれません。

心療内科や緩和ケアの分野でもそうですが、
教科書に書いてあるような
理想論やきれい事は
実際には全く役に立たないことが
しばしばあると感じているからです。

もっとも典型的な理想論は、
「前向きな気持ちを持つ」、
つまり「ポジティブシンキング」です。
もともと前向きな人は、
当然、ポジティブシンキングで生きています。
辛いことや苦しいこと、困難なことがあっても、
何とかしてそれを乗り越えることはできます。

しかし、それは「前向きな気持ち」を
持っている人に言えることであり、
心配性の人や自分に自信のない人、
ネガティブ思考のひとは、
当然のことながら、
前向きな気持ちなど持てません。

それをあたかも
「前向きな気持ち」を持てるように
なるべきだと言わんばかりに、
その大切さをやたらと語る人がいます。

このような人は、多分
現実が全くわかっていないのか、
「前向き」教の信者さんなのではないかと
疑ってしまいます。

大切なのは、
「前向きな気持ちを持て」と言うことではなく、
どうしたらそのようなものの考え方が
できるようになるのかを
教えてあげることだと思うのです。

「感謝の気持ちを持て」というのも同様です。
ありがたいと思えることには誰だって
感謝の気持ちを持つことができるでしょうが、
嫌だったり不快だったりすることに対しても
感謝が大切だなどと言われると、
この人は現実離れしている人だなと
思ってしまうのです。

もちろん、感謝の気持ちを持つことが
大切だということは百も承知ですし、
私だってそう思っています。

ただし、そのことと、
何事に対しても感謝の気持ちを持って
日々を生きていけるということとは
全くの別問題なのです。

いくら「前向き」だの「感謝」だの
理想論を掲げても、
それが実際にできるか否かは
全く次元の違う話なのです。

つまり、できない理想論を掲げ、
それを実行しろと言うのは、
実現不可能なことをしろと
言っているようなものであり、
そんなことを言っても
できないと思っている人にとっては
よりネガティブな気持ちになるのが関の山です。

できない人に対しては、
とにかくやれと言うのではなく、
「そう簡単にできることではないので、
今はできなくてもいいよ」と
言ってあげるところから出発しないと、
人は変わらないのです。

人が変わるためには、
無意識レベルに影響を及ぼす多くの経験と
思い込みに変化をもたらす
知識の積み重ね必要であり、
その上で適切な時期やタイミングで
「きっかけ」となることがあってこそ
初めて人は変わるのです。

そのような準備ができていないときに、
いくら前向きな気持ちが大切だの、
感謝が大切だのと言われても、
反発心が湧き上がってくるだけなのです。

ここが机上の空論である理想論やきれい事と
実際に人とかかわるときの違いです。
人間は心を持った生き物であり、
機械やロボットではありません。
「感謝」と入力すれば、
感謝ができるというわけではないのです。

「今は無理に感謝の気持ちを持つ必要はない」と
言ってあげることにより、人は気持ちが楽になり、
だからこそ、何かのきっかけで感謝の気持ちに
目が向く可能性が高くなるというものです。

こうすべきだと言われても人は変わりませが、
「北風と太陽」の話しのように、
相手が自ずと目指すべき方向に動き出すためには
どうしたらよいかという視点で
物事は考えていく必要があるのです。

理想論を言っている人は、
そのあたりが理解できていないのではないかと
私はいつも思ってしまうのです。


テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

答はその人の中にあるって本当?

2017年10月30日15:21

悩みや問題を抱えている人が
どうしたらよいのか
わからない状態に陥っているとき、
よく人は、答はその人が中にあるとか、
その人が知っているとか言われます。

そのため傾聴を中心とした
かかわりをするカウンセラーは、
あまり余計なことは言わず、ひたすら聴き続け、
その人が、自分の答えに気づくのを待ちます。

それで気づく場合もあるとは思いますが、
私は「答はその人の中にある」という考え方自体に
少しばかり疑問を持っています。
まあ、4割はそうかもしれませんが、
6割は違うなといった感じです。

人は悩みや問題の解決方法を見つけるために、
無意識や潜在意識の力を借ります。
そこには、意識には上ってこない
知識や経験によって積み上げられた
膨大な量の情報が蓄積されています。

私たちの脳は、これらの情報に目を向け
問題解決にふさわしい対応策やアイデアを
見つけ出すという作業をしているのです。
その意味では
答はその人の中にあるというのは正解だと思います。

しかし、無意識の中にある情報に
目を向けるという作業は
何かの刺激やきっかけがないと
実際にはなかなかできません。

例えば、気づきを促すような質問だとか、
それはいい!と思えるような提案だとか、
そのような「きっかけ」があって初めて人は、
問題解決の糸口に気づくことができるのです。

つまり、自分の中に答があると言っても、
それが意識に上がってきて初めて
「気づき」が生まれるわけであり、
無意識の中にとどまっていて、
それに気づかない限り、
答は存在しないというのと一緒なのです。

そういう意味では、
その人の中に答があると言い張るのは、
ちょっと言い過ぎかなとも思うのです。

さらに、気づきの中には
無意識の中にあるいくつかの情報を
うまく組み合わせて、昇華させることで
今までになかったよりよいアイデアや
解決策が生まれるということもあります。

また、同じことでも違った見方をすることで
全く新しい発見になることもあります。
例えば、人前に出るといつも不安を感じ、
ドキドキしてしまう人に、
誰かが、それは不安ではなく、
興奮してワクワクしているだけなんだと
教えられたとしましょう。

その考え方を受け入れることができたなら、
その人の不安感は一気に和らぎます。
つまり、物事をどのように解釈するかにより
問題が問題ではなくなることもしばしばです。

このような新しい解釈や
自分にとって都合のよりストーリーというのは
本を読んだり誰かに言われたりして
気づくという場合がほとんどです。

海外に行ったことがない人が
海外に初めて行き、その文化の違いに
驚くのと一緒で、
知らないことは誰かに教えてもらうとか
新たに経験することがない限り、
気づいたり発見したりすることなどできないのです。

つまり、問題解決の答えを見つけるための
材料はあったとしても、
そこに新たな「何か」に接することで
初めてうまい解決策に辿り着くという場合だって
あるわけです。

このようなケースでは
その「何か」がない限り、
決して答には辿り着けないわけなので、
その意味でも、自分の中に答がすべてあるとは
言えないのではないのでしょうか。

皆さんはどうおもわれますか。


テーマ : カウンセラーやセラピストのお仕事
ジャンル : 心と身体


プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://kuromarutakaharu.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード