FC2ブログ

シンポジウムの舞台裏

2019年10月23日17:24

令和元年10月6日に開催された
ホリスティック医学シンポジウムin関西2019が
無事終了しました。

先ずはホッとしています。
でも、今回は本当に苦労しました。

実は、今回のシンポジウムは、
全てが決定し、チラシが印刷されたあとから
演者やテーマが変わるという
前代未聞の迷走をしてしまいました。
それには理由があります。

当初は瀬戸内寂聴さんと
ホリスティック医学協会の名誉会長である
帯津良一先生の対談をメインに据えましたが、
これは寂聴さんの健康問題により
あえなく頓挫してしました。

シンポジウムを開催する場合、
先ずは日程と会場を押さえなければなりません。
大物二人の演者をよぶのであれば
それなりの会場が必要だと考え、
今回のサーティホールを押さえました。

ここは1200人を収用できる大ホールですが、
過去に5回も使用経験があり、
ここを使うことには抵抗はありませんでした。

ところが、会場は押さえたものの、
考えていたメインの演者が来ないのであれば、
それに代わる演者やテーマが必要になります。

ここからが茨の道のはじまりでした。

実は、いろいろな事情があり、
環境=文化アクティビストの辻信一先生は
最初から決まっていました。

辻先生の専門である「環境」を
意識していたこともあり、
テーマや演者を選ぶにあたり、
多少の足かせになっていた可能性はあります。

だいぶ悩んだあげく、
テーマを「Spiritual Happiness
~何が人を幸せにするのか」としました。

演者は柏木哲夫先生と夏苅郁子先生が
引き受けて下さったので、
この二人に決定しました。

これで男性2人、女性1人が決定しました。
実はもう一人、インパクトのある女性を
呼びたいと思い、
吉本ばななさんと瀬尾まなほさんに
連絡を取りました。

しかし吉本ばななさんは、
テーマにそった話ができないという理由で、
瀬尾まなほさんは、
寂聴先生の健康問題が不安なので
先の予定は立てられないということで
両者ともに断られてしまいました。

思い悩んだあげく、
スタッフの一人から、
フラのYosei Maluhia辻さんを呼んで
パフォーマンス&トークというかたちで
やってもらうのは
どうかという提案がありました。

「動」の要素も入る方が
刺激的でよいのではと考え、
最終的にこの4人に決定したのが
6月末のことでした。

チラシを作成しHPも開設し、
申し込みを受けられる状態になったのが
7月中旬でした。

例年なら申し込みの受付を開始すると、
毎週、数十名の申し込みがあるのですが、
今回は毎週数名の申し込みしか
ありませんでした。

その結果、7月末までの申し込みが
6名しかいないという惨憺たる状況でした。
さすがに、これには焦りました。

こんなに反応が悪いのは何が問題なのか、
どうすればよいのかをみんなで話し合った結果、
テーマの見直しと、
もう一人、知名度のある演者に
来てもらうことにしました。

テーマは、わかりにくい英語を省き、
サブタイトルの「何が人を幸せにするのか」も、
もっと気を引く文言に変更することにしました。

その結果、
「ホリスティック幸福論
~こころ、からだ、いのちを幸せにする方法」
に変更しました。

そしてもう一人の演者ですが、
今から新たな人というのは難しいので
再度、瀬尾まなほさんと
交渉することにしました。

瀬尾さんの場合、
寂聴さんの健康状態が
先々どうなるかわからないという理由で、
講演を断られた経緯があります。

そうであれば、本番2ヶ月前ならば
ある程度見通しはつくので、
今なら講演を
受けてくれるのではないかという思いから、
再度交渉をしたところ
なんとか了承してくれました。

寂聴さんへの講演依頼のときを含めると
交渉は3回目でしたが、
あきらめない気持ちが大切だと
つくづく思いました。

テーマを変え、瀬尾まなほさんが、
スペシャルゲストとして
特別講演をして下さることになったため
急きょチラシとホームページを
作りなおしました。

しかしここでまた問題が生じました。
実は、少しでも集客につながればと思い、
講師の先生が他のところで行う講演の会場で
チラシを配らせてもらう許可をいただきました。

旧バージョンの地味なデザインのチラシに比べ、
新バージョンのチラシは
瀬尾まなほさんの写真を大きく取り上げ、
華やかで目立つチラシにしました。

ところが、その新しいチラシを見て、
夏苅先生から「心配です」というメールが
来たのでした。

と言うのは、夏苅先生の講演に来られる方は、
精神疾患をもった患者さんや
その家族であることが多く、
旧バージョンのチラシは
落ち着きがあってよかったのに、
新しいチラシは明るすぎて雰囲気が合わないと
言われてしまったのです。

瀬尾まなほさんは
スペシャルゲストという位置づけだったので、
あえて目立つようにしたのですが、
言われてみれば
少々目立ちすぎの感がありました。

そこで、夏苅先生関連の講演会では
旧バージョンのチラシを配ることにし、
また、もう少し瀬尾まなほさんを抑え気味にし、
文字の色やデザインを多少変更したチラシを
再度作り直しました。

ですから、チラシは3種類存在し、
ホームページも3回作り直したことになります。

そんなこともあり、
チラシとチケットに書いてある
テーマやデザインが
全然違うという珍現象まで
起こってしまったのです。

そんなことで8月もバタバタしており、
8月末でも、まだチケットの申込みは
30名程度でした。

一方でスタッフの人たちも
身近な人に対しては手売りでチケットを
売ってくれていました。

本番1ヶ月前の9月に入ってから、
ようやく申し込みが増えてきて、
毎週20名程度の申し込みがあり、
最終では118名になりました。

またスタッフの手売り分が
114枚ありましたので、
チケットは合計で254枚
売れたことになります。

当初の目標が500名でしたので、
実際にはその半分でしたが、
最初の悲惨な状況を考えると、
よくここまで持ち直したと思います。

シンポジウム開催の裏では
こんなバタバタ劇が展開されていたのでした。

何はともあれ、
ご協力頂いた方々、
シンポジウムに来て下さった方々、
心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。



スポンサーサイト



ホリスティック医学シンポジウム開催!

2019年09月25日08:35

いよいよ10月6日に大阪で開催される
ホリスティック医学シンポジウムの本番が迫ってきました。
現在、その準備に追われています。

テーマは、
「Spiritual Happiness(ホリスティック幸福論)
~こころ、からだ、いのちを幸せにする方法」
です。
https://www.holistic-kansai.com/2019sympo/

もうひとつのブログで、
各演者の詳細についてはご紹介したので
興味のある方はそちらを見ていただくとして、
ここでは違った視点から各演者を紹介させて頂きたいと思います。

瀬戸内寂聴さんの美人秘書である瀬尾まなほさんには、
「寂聴先生に教えてもらった幸せになるためのコツ」という演題で
特別講演をしてもらいます。

瀬尾さんは6月に結婚され、
いま幸せに真っ只中にいるのではないでしょうか。
講演の最初には、寂聴さんとの生活を映した8分程の映像も
見せていただけるとのことで、これも楽しみです。

以前から、寂聴さんに自分の子供を見せたいと言っていたので、
もしかしたらすでにおめでたということも考えられます。
もしそうであれば、当日教えてもらえるかも知れません。

また、淀川キリスト教病院の柏木哲夫先生には
「ホスピスケアから見える幸せのかたち」というテーマで
お話しをして頂きます。

先日、がん患者さんの会で
柏木先生が講演をされるとのことで、
ご挨拶がてらお伺いしてきました。

それにしても柏木先生はユーモアがあります。
ホスピスでは多いときには1日に4~5人の患者さんが亡くなります。
そんな日々が続くと、さすがの柏木先生も
重い空気に押しつぶされそうになるようです。

そんな時に出会ったのが川柳で、
これにより心が和み、救われたとおっしゃっていました。
以来、川柳を作り続け、新聞に投稿し掲載されたものも
50以上あります。

「腹割って 話してわかった 腹黒さ」
「いい匂い 客が造花の 鉢に言う」
「いい人だ だが悪いときに 現れる」
「表紙には 親展とある ファクシミリ」

当日の講演でも、
いくつか川柳を交えながら、
様々な幸せのかたちがあることを
お話し頂けると期待しています。

児童精神科医の夏苅郁子先生は、
今回のシンポジウムの開催に当たり、
多大なるご協力を頂きました。

夏苅先生は、この1ヶ月で4回ほど
関東や関西で講演をされるほどの人気者です。
もっとも多くは、精神科関連の患者会やその家族向けですが、
そこで今回のシンポジウムの案内をして下さったり、
チラシも配って下さいました。

ご自分がとても辛い経験をされている夏苅先生ですが
人との関係や言葉で傷つき、憎しみ、虚無感は、
その後の人との関係や言葉で癒され勇気をもらったと言います。

自分が精神科の患者になったときに、
医者から出される大量の薬にずいぶんと苦しんだ経験もあり、
その経験から、薬や医者ではなく「人との関係」が
患者さんを癒し助けるということを実感し、
今はご自分の診療所でご主人と一緒に
日々の診療やケアに当たられています。

夏苅先生の講演は、不幸のどん底から
どのようにして癒され、救われたかという実体験に基づく話ですので
説得力があります。
直接本人から、その話を聴けるのが今から楽しみです。

もう一人の演者は、文化人類学者の辻信一先生です。
今回の演者の中では、異質の存在と言ってもいいでしょう。
辻先生は、スローライフとかスローメディスンといったことを提唱され
それを実践されている先生です。

実は、辻先生の話には大変興味を持っています。
というのは、幸せを考える場合、
心の持ち方や考え方がとても重要であることは十分にわかりますが、
そこに大きな影響を与えるのが「環境」です。

環境と言っても、自然環境や住環境、社会環境、治療環境など
様々なものがありますが、
それらはすべて「つながり」と言い換えてもよいでしょう。

「環境」は人の心に大きな影響を与えているにもかかわらす、
医療でも心理の世界でもあまりそのことは強調されません。

今回の演者も、辻先生以外の方々は
個々人との「つながり」は強調されると思いますが、
広い意味での「環境」にまでは言及さる方はいないと思います。

だからこそ、辻先生の視点や考え方が
このシンポジウムのテーマである「幸せ」を考える上で
とても重要になってくると思っています。
その意味でも、辻先生の講演は楽しみです。

最後は、フラダンスとトークをして下さる
Yosei Maluhia辻さんです。
フラダンスと言っても、観光用のフラダンスではなく、
ハワイに古くから伝承されている精神的、神秘的で
スピリチュアルな存在の古典フラです。

講演ばかりが続くので、
途中、少し趣を変えたものを挟んでもよいのではという思いから、
お呼びしました。

観光用のフラダンスはよく見ますが、
古典フラを見るのは初めてです。
神秘的な雰囲気を醸し出すという古典フラを
ぜひ見てみたいものです。

最後は、私が司会でパネルディスカッションをします。
演者の話を上手に絡ませながら、
いかに本質的な部分を引きだすかがポイントです。

毎回そうですが、自分が講演をするよりも
パネルディスカッションの司会の方がずっと緊張します。
実りある話し合いができるように
しっかりと司会を務めます。



Spiritual Happiness~何が人を幸せにするのか

2019年05月30日18:31

今回が、令和に入って最初のブログです。
こちらは月1回の更新なので、
ちょっとのんびりペースであることお許し下さい。

さて、今回は10月6日(日)に大阪で開催する
ホリスティック医学シンポジウムin関西についての話です。

私が支部長を務めている
ホリスティック医学協会関西支部では
二年に一度、大がかりなシンポジウムを開催しており、
今回が15回目になります。

もっとも前回は、
関西支部ではなくホリスティック医学協会の
30周年の記念シンポジウムとしての開催で、
京都のロームシアターに1,500人ほどの人が集まりました。

その時は脳科学者の茂木健一郎さんやメンタリスDaiGo、
引き寄せの法則で有名な奥平亜美衣さん、
そして当協会の名誉会長の帯津良一先生を
演者に迎えての開催でした。

今回は「Spiritual Happiness(つながりの幸福論)
~何が人を幸せにするのか」というテーマで
開催することにしました。

現在、決まっている演者は、
淀川キリスト教病院名誉ホスピス長の柏木哲夫先生、
文化人類学者で環境運動家の辻信一さん、
児童精神科医の夏苅郁子先生です。

今回はテーマが示すように、
何が人を幸せにするのかということについて、
様々な視点から考えてみたいと思い、
今回の企画を立てました。

一般に幸せとは、健康で経済的にも安定し、
家庭的にも恵まれている状態をイメージします。

それはそれで、確かに幸せかもしれませんが、
逆に病気や貧困、恵まれない家庭環境で生きている人は
不幸なのでしょうか。

実は、こんな素朴な疑問が
今回のシンポジウムでは話の中心になるのではと思っています。

ホスピス緩和ケアを日本に紹介し、
その普及に多大なる貢献をされた
ホスピス緩和ケアの第一人者である柏木哲夫先生は、
まさに、日々死にゆく人と語らい、
長年、生と死をみつめ続けてきた先生です。

私も現在、緩和ケア医として仕事をしていますが、
幸福感の中で死んでいく人もいれば、
患者さんの死をきっかけに、
家族に勇気と希望が芽生え、
その結果、本当の幸せをつかむことが
できたという人たちもいました。

その意味では、病や死は必ずしも不幸とは限らず、
それが幸せの扉を開くこともあるのです。

また、夏苅郁子先生は、
現在、精神科医として
精神疾患をもった患者さんの診療に日々取り組んでいます。

その夏苅先生のお母さんは統合失調症であり、
その母親に育てられた彼女は、悲惨な子供時代を過ごし、
そのせいもあり、彼女自身が精神科の患者となり
医学部5年のときと研修医時代のときの2回、
自殺未遂をした経験を持っています。

そんな彼女が少しずつ自分を取り戻し、
そして今、幸せな家庭を築くまでに至った過程を
「人は、人を浴びて人になる」(ライフサイエンス社)には
詳しく述べられています。

この本を読むと、
心の病すら幸せと無関係でないことがよくわかります。

心の病があったからこそつながった人々、
心の病があったからこそ理解できたこと、
心の病があったからこそ感じられること、
それらがすべて、幸せに至る土台になっているのです。

そしてもう一人の演者である辻信一さんは、
スローライフや環境問題を専門に活動している文化人類学者です。
辻さんは、常識にとらわれない、
全く違った視点からの「幸せの形」を
示してくれるのではないかと期待しています。

この三人はすでに決定している演者ですが、
他にももう一人くらい講演をお願いするかもしれません。

興味のある方は、是非10月6日を空けておいてください。
詳しくはホリスティック医学協会関西支部のHPをご覧下さい。
https://www.holistic-kansai.com/2019sympo/

自分らしく幸せに満ちた人生を送るために

2017年03月22日18:35

ホリスティック医学協会も今年30周年を迎えます。
それを記念して9月24日(日)にロームシアター京都で
30周年記念シンポジウムを開催致します。

テーマは『脳と潜在意識でいのち☆きらめく
~自分らしい人生を健やかに生きる』です。

演者は
茂木健一郎(脳科学者)、
メンタリストDaiGo、
奥平亜美衣(作家、「引き寄せ」の教科書著者)
帯津良一(ホリスティック医学協会名誉会長)
の4人です。

30周年という記念すべきシンポジウムですので、
何か画期的な、そして皆さんがとても興味を持ってもらえるような
そんなシンポジウムにしたいと思い企画を練りました。

私たちは誰でも一度は、
人生とは何か、幸福とは何かといったことを
考えたことがあるのではないでしょうか。

いくら幸せになりたい、お金を儲けたい、
よい人間関係を築きたい、健康でありたいと思っていても、
なかなか自分の思い通りにいかないのが人生です。

しかしその一方で、劣悪な環境で育ち、貧困に苦しみ、
多くの困難を経験し、絶望のどん底に突き落とされた人でも
今は幸せに満ちた生活を送っている人もいます。

いったい何が、このような違いを生むのでしょうか。
もちろん、持って生まれた才能や環境も少なからず
影響をもたらしていると思います。

しかし、せっかく恵まれた才能や環境があったとしても、
それを上手く活かすことができなければ
結局は空しく満足感のない人生になってしまいます。

逆に、どんな状況であれ、
自分らしさや自分の思いを大切にしている人は
人が助けてくれたり、仲間に恵まれたり、
思わぬチャンスが舞い込んできたりするものです。

しかし、この「自分らしさ」とか「思い」といった、
曖昧な表現しかできない「心の力」の正体とは一体何なのでしょうか。
自分を幸せにし、人生に満足感をもたらす原動力となる
この「心の力」は、どうしたら発揮することができるのでしょうか。

今回のシンポジウムは、まさにこの曖昧模糊とした「心の力」を
脳や心、潜在意識、スピリチュアリティといった視点から
4人の演者にそれぞれ語ってもらい、
自分らしく幸せに満ちた人生を送るために必要なコツや秘訣、
それを実現するための具体的な方法などを明らかにすることで、
参加者の一人ひとりが自分の可能性に気づき、
これからの新たなる人生を切り開く第一歩になったらという思いから
企画させて頂きました。

つい先日、すべての演者が決まったばかりであり、
今はチラシやHPの作成、チケットの販売の準備をしている段階です。
チケットは5月1日から発売予定です。
もう少しお待ち下さい。

皆さんと9月24日に京都の地で、
満面の笑みでお会いできるのを楽しみにしています。
http://www.holistic-kansai.com/





潜在意識にひそむ思考のクセ

2016年12月21日06:33

12月11日に京都の山科で
特別講演「潜在意識にひそむ思考のクセ」を開催しました。

このテーマで話しをするのは初めてであったこともあり、
久しぶりに準備に時間をかけ、また当日もかなり緊張していました。
今回は、その内容を簡単に振り返って見ようと思います。

導入として、いかに人の脳は一つのことに目が向くと
他は何も見えないかということをわかって頂くために
動画をお見せしました。

この動画では、まず、白と黒のトレーナーを着た
バスケットの選手が映し出されます。
その後すぐに英語の字幕で
「白を着たチームは何回パスをしたでしょう」と出ます。
先ずは見てみて下さい、パスは何回でしたか?

バスケットボールYouTube映像

この動画を見せたときには、
ほとんどの人が、ムーンウォーキングをしているクマが見えませんでした。
あなたは見えましたか?見えなかった?もう一回見てみてください。

以下は当日お話しした内容の一部です。

人は言葉の表現いかんで、全く異なる印象をもたらします。
例えば同じ自動車事故の映像を二つのグループに見せ、
次のように言います。
①二台の車が激突したときどれくらいのスピードを出していましたか?
②二台の車がぶつかったときどれくらいのスピードを出していましたか?

①とたずねられたグループは平均65km/hrと答え、
②とたずねたれたグループは平均55km/hrと答えました。
つまり「激突した」と言うか「ぶつかった」と言うかによって、
同じ映像を見ているにもかかわらず印象が変わってしまうのです。

またコントラスト(対比)のワナというものもあります。
例えば車のカーマットを買おうと思い店に入ると
1,980円のものあれば15,000円のものあります。
このときさすがに15,000円はちょっと高いなと思い
購入しないのが一般的です。

しかし150万円の新車を購入した際、
ついでに15,000円のカーマットを勧められると、
あまり高いとは思わずつい買ってしまう人は少なくありません。
これがコントラストのワナです。

これはコース料理の値段設定などにも応用されています。
例えば、Aコース4,000円、Bコース3,000円と書いておくと
多くの人は3,000円のBコースを選びますが、
Aコース6,000円、Bコース4,000円、Cコース3,000円と書くと
たいていの人は4,000円のBコースを選んでくれます。

つまり選ばせたいコースを真ん中に設定し、
それよりもやや高めに「おとり」を設定しておくというわけです。

このように、人には、
他のものと対比して物事を決めるという思考のクセがあり、
これは様々なところで広く利用されています。

また数字表現の仕方でも全く印象が異なります。
例えば、喫煙者にこれからも喫煙し続けると
今後20年間の死亡率は30%高くなると言えば、
禁煙に踏み切る人もそれなりにいるかもしれませんが、
今後20年間の死亡率が1%から1.3%に増えると言ったら
だれも禁煙する人なんていないでしょう。

これは全く同じことを違った表現で言っているだけなのですが、
表現の違いにより与える印象が全く異なり、
結果、相手の行動やモチベーションにも
多大な影響を与えることになります。

医療の世界では、病気の危険性や治療成績のよさを示す際、
この手法はよく使われます。
皆さんも知らず知らずのうちに思考を操作されているというわけです。

それ以外にもたくさんの思考のクセを紹介しましたが、
最期は「返報性(恩義)」について話をさせて頂きました。

人は、何かをしてもらったらそれに対して
お返しをしないといけないという心理が働きます。
これが返報性と言われるものです。

例えば試食コーナーで、何か一口食べると
なぜか、その商品を買ってもいいかなという気になるものです。
試食ですから、恩を感じる必要性は全くないはずですが、
人には返報性という心理的性質が潜んでいるため
つい買ってしまう人も少なくないのです。

そして締めは再び動画を使わせて頂きました。
返報性と言うとついビジネスがらみで考えてしまいがちですが、
人が持っている返報性という心理は
本来は純粋なものであり、大切なものだということを
この動画を見る度に思い知らされます。
感動しますので、涙を拭う用意を。

タイのCM映像



プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://kuromarutakaharu.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード