FC2ブログ

マスクさん、ごめんなさい

2020年05月31日16:43

とりあえず、新型コロナウイルスの感染は、
今はどうにか落ち着いてきたようです。

もちろん、今後第2波、第3波が
来る可能性はあるので
予断を許さない状況は続いています。

それはそうと、
コロナ騒動が始まってから、
マスクを着ける着けないに関しては、
その理解や対応が目まぐるしく変わっており、
それを見ていると、
私はマスクが何とも気の毒に思えてきました。

当初のマスクに対する理解はこうです。
自分が感染者である場合は、
人にうつす可能性を軽減するため、
マスクをつける必要はあります。

しかし、自分が感染者ではない場合は、
一般のマスクで感染を防ぐことはできないので、
あまり意味がないと言われ、
少なくとも諸外国では、
その着用はあまり勧められていませんでした。

もっとも、日本の場合は、
マスクをしていれば、
感染の予防になるという誤解も手伝ってか
感染が広がっていない段階から
多くの日本人はマスクをしていました。

しかしこの段階では、
政府も咳エチケットへの対応は呼びかけていましたが、
マスクを着けるようにとは言っていませんでした。

外国人からすると、
感染もしていないのに、
みんなマスクをするなんて、
日本人は変な国民だと思われていたようです。

ところが、世界的に感染が広がり、
感染者や死者の数が圧倒的に少ない日本を見て、
マスクの重要性を見直そうという機運が高まり、
世界中の人がマスクをするようになりました。

当然、日本でも今まで以上に
感染への不安の強まりから
ほとんどの人がマスクをするようになりました。

その結果、マスクの需要は急増し、
本来必要な医療現場で使用するマスクまでもが
不足する事態になりました。

もともと医療現場では、
マスクの着用は当たり前でしたし、
感染のリスクを減らすためには、
頻回にマスクを取り換えることが
推奨されていました。

ところが、マスクが不足してくると
1日に1枚にして下さいとか、
場合によっては数日に1枚で
お願いしますと言い始めたのです。

さらには、患者さんと直接かかわらない場合は、
マスクの着用はしないで下さいとまで
言われているときもありました。

つまり、多少、感染のリスクが上がっても、
マスクがなくなってしまうともっと困るので、
なるべく大切に使ってくださいという言い方に
変わってきたのです。

その後、マスクが十分量供給されるようになり、
感染拡大も抑えられてくると、
医療現場でも、
そこまで厳しく言われることはなくなりました。

一方、一般の人たちは当然のごとく
外出するときはマスクをしていました。

マスクをせずに歩いていたりすると
白い目で見られたり、
時にはトラブルになったりもしました。
それくらい、外出時には
マスクをしなければならないという雰囲気があり、
その傾向は今でも続いています。

ただ、一人で人通りの少ない道を歩いたり、
散歩したりするときは、
3密は全く関係ないので
本来はマスクをする必要はないと思うのですが、
それでも当たり前のように
ほとんどの人はマスクをして外を歩いています。

そんな折、マスクをして運動していた生徒3人が
亡くなったという報道がされるや否や、
今度は、運動中は
マスクをしなくても構わないということを
政府が言い始めました。

さらには、これから夏場を迎えるにあたり、
マスクをして外出することで、
熱中症になる率が高まるため、
外を歩いているときのように
3密が避けられる時には、
マスクはしないで過ごしましょう、
という話になりました。

確かに、毎年1,000人前後の人が
熱中症で亡くなるので、
新型コロナウイルスの予防のことを考え
マスクをして出歩くようなことをすれば、
感染による死亡者数を上回る死者が出てしまい、
何のためのマスクの着用か
わからなくなるというわけです。

このように、マスクの着用に関しては、
その時その時の理解や解釈、出来事により
コロコロ変わっていきました。

マスクの側からすれば、
人間の都合で、着けるべきだと言われたり、
着けない方がいいと言われたりと、
さぞかし、人間という生き物は
自分勝手だと思っていることでしょう。

確かにマスクの言い分もわかります。
例えば、私たちは飲食店には
マスクをして入るのが当然ですが、
食事をするときは誰もがマスクを外します。

店内で食事をしているときと、
外を歩いているときとでは、
当然、店内で食事をしているときの方が
感染のリスクは高くなります。

しかしまさか、
マスクを着けながら食事はできないので、
こういう時は感染のリスクのことには目をつぶり、
当たり前のようにマスクを外すことになります。

一方、最も3密の状況になる可能性の高い自宅では
多くの人はマスクをしていないと思われます。

家族のメンバーであっても、
各々が毎日、異なった行動を取っていのですから、
一般の人と同様に感染のリスクはあります。

感染のリスクのことを考えるのであれば、
本来は当然、自宅でも
マスクをして過ごすべきでしょう。

しかし、家族は感染していないと信じているのか、
はたまた、自宅にいるときにまで、
マスクをするのは煩わしいと思うのか、
マスクをせずに自宅で過ごしている人がほとんどですし、
政府もそこまでは言いません。

このようなことを考えると、
確かに、感染予防の観点から
マスクを着けろと言いながら、
生活に不都合だと思われる場面では、
感染予防のことは目をつむるわけですから、
人間は自分の都合で動いていると言われても
致し方ありません。

ですから私は謝ります。
マスクさん、われわれの身勝手な都合で、
あなたを翻弄してしまい、
本当に申し訳ございません。
人類を代表してお詫び申し上げます。


スポンサーサイト



感染よりも心配なこと

2020年04月18日05:23

日本でも新型コロナウイルスの感染が
どんどん広がっている状態が続いています。
4月7日には非常事態宣言も出され、
それが全国にも広げられました。

最低でも、5月の連休明けまでは、
3密(密閉、密集、密接)を避けた生活を
せざるを得ない状況です。

ただし、このペースで行くと、
5月どころか、6月、7月、8月になっても
同様の状況が続くことも考えられます。

かりにある程度感染が収まってきたとしても、
すぐさま非常事態宣言が解除されるとは思えません。
外出や人との接触が増えれば、
また第2、第3の感染拡大が起こるからです。

そうかと言って、このまま半年も1年も
今のような自粛や行動制限を強いられる状況が続けば、
当然、収入の激減や失業、倒産により
生活に行き詰まる人がたくさん出てくることになります。
政府が10万円を給付したとしても、焼け石に水です。

今後は、感染拡大の防止と仕事の再開の
両者のバランスを考えたうえで、
自粛や行動制限とその解除を繰り返しながら、
拡大感染が終息するのを期待しつつ、
一方で、ワクチンや有効な治療法の開発を
待つということになるのではないでしょうか。

しかし、この状況がいつ落ち着くのか
全く見当がつきません。
長期戦になることも覚悟する必要があります。

そこで、今から真剣に考えなくてはいけないことは、
仕事が再開できない場合、
今後どうやって収入を確保していくのか、
そのための対応や対策はどうするのかということです。

もちろん、政府からの経済的援助も必要ですが、
このまま仕事がほとんどできない状況が続けば
それだけではとても足りません。

ですから、新しい視点を取り入れ、
いかにして、今までとは異なる方法で
収入を得ていくかを
それぞれの立場で真剣に考えていく必要があります。

正直なところ、
具体的に何をどうしたらよいのか
全く見当もつきません。

しかし人は追い詰められた時こそ
火事場のバカ力を発揮するものです。
そのような可能性を誰もが持っています。

そのためには、
日々のストレス管理も重要になってきます。
ストレスやイライラが募れば募るほど
冷静さがなくなり、
気持ちもどんどん落ち込んでいくことになります。

そんな状況を少しでも減らすために、
家で悶々としているよりも、
3密を避けたかかわりや行動を
意識的に取る必要があると思っています。

場所や時間帯によっては、
人通りがほとんどない道や場所もあると思います。
そんなところを散歩するというのは
よいのではないでしょうか。

また、電話やZoomを使って、
実際に人と話をするという機会を作るのも必要です。
誰かとつながりを持ち、
少しでも会話をするだけでもストレスが軽減します。

そのような日々の工夫をしながら、
今後どうしていけばよいのか、
どんな事ならできるのかを考えたり、
仲間と相談しあうということが
今、大切なことだと私は思っています。




新型コロナウイルスについての講演会

2020年03月10日18:48


去る3月1日(日)に大阪で
「新型コロナウイルスについて
ホリスティックドクターが語る」という講演会で
お話をさせて頂きまいた。

演者は私を含め3人で、
すべてホリスティック医学協会関西支部の
スタッフです。

この時期は新型コロナウイルス(以下CV)が広がり始め、
イベントがどんどん自粛されるなか、
この時期だからこそ敢えて開催する意義があると考え
開催に踏み切ったという経緯があります。

最初は「ウイルス世界との共存のために」と題して、
ナチュラル心療内科クリニック院長の
竹林直紀先生の講演でした。

私たちはウイルスとは一体何かと改めて問われると、
意外と答えられないものです。
例えば、ウイルスは生物なのか無生物なのか、
細菌とウイルスはどう違うのか、
ウイルスはどうやって生きているのか等々、
一般の人は意外と知らないのではないでしょうか。
導入は、そんな話からでした。

面白かったのは、
マスクは花粉症の予防にはなっても、
ウイルス感染の予防には全く効果がないという話です。

なぜならば、
ウイルスをテニスボールに例えるならば、
マスクの網目の大きさは
5メートルの穴になるというのです。

ですから、マスクをしていても
相手の飛沫に含まれるウイルスは
いとも簡単にマスクを通り抜けてしまうので
予防には役立たないというのです。

実際、感染予防ができると勘違いし、
マスクをして外を歩いている人がたくさんいますが、
マスクが必要なのは感染している人や
咳症状がある人であり、
健常人には基本的にマスクは必要ありません。

にもかかわらず、全く症状のない健常人の多くが
マスクをしているため、マスクの不足が起こり、
本当に必要な人にいきわたらないという問題も起きています。

そのためシンガボール政府は、
「健常人のマスクの着用は控えるように」という
キャンペーンをしているほどです。

他にもCVに感染しているか否かを診断するPCR検査は、
あまり精度がよくないので、
感染者を陰性だと判断してしまったり、
感染していない人を陽性だと判断してしまうことが
かなりの確率で起こってしまうという話も興味深かったです。

CVの検査を安易にすることには
警鐘が鳴らされていますが、
その意味がこの話でよく分かりました。

二人目は私が
「新型コロナウイルスと認知バイアス」というテーマで
話をさせて頂きました。

認知バイアスとは、私たちがつい無意識にしてしまう
物事に対する解釈や判断のクセや偏りのことです。

例えば、「確証バイアス」という認知バイアスがあります。
これは、自分の都合のよい情報は積極的に受け入れ、
自分に都合の悪い情報はスルーしてしまうという
無意識のクセです。

例えば愛煙家にとっては、
喫煙率が低下しているのに肺がんの患者数が増えているとか、
愛煙家でも90歳以上まで生きた人が
たくさんいるといった情報は積極的に取り入れます。

その一方で、喫煙が肺がんだけではなく他のがんの発症にも
影響があるという研究は見向きもしません。
これが確証バイアスです。

今回のCV騒動のかかわりで言うならば、
日本でCVに感染した人は400人を超え、
亡くなった人もすでに10人以上いるという話は、
積極的に取り入れら不安を掻き立てられます。

一方、季節性インフルエンザは、
毎年1000万人以上の人が感染し、
1,000~3,000人の人が亡くなります。

今現在も、毎日数十人の人が
インフルエンザで死んでいるという現状ですが、
このような情報がスルーされます。

CVのことで頭がいっぱいの人にとっては、
インフルエンザの危険性についての情報などは
つい無視してしまうのです。

そのため、CVの話には皆さん食いつくものの、
インフルエンザの方が死者も感染者も多いなどという話には、
あまり耳を傾けようとはしません。

私たちにはこのような認知バイアスがあるために、
CVに関する情報の解釈や判断にも誤りや誤解が生じ、
それがいかにみんなが不安を煽っているのかということについて
八つの認知バイアスとその具体例を挙げながら話をしました。

三人目の演者は
大阪市立総合医療センターの愛場庸雅先生で
テーマは「人類にとっての感染症の意味を考える」でした。

CVに限らず、
ウイルスは我々に害を及ぼす悪者だと思われがちですが、
実はそうでもないのではないかという、
少々考えさせられる話でした。

ウイルスは生物の細胞に寄生して存在し続けるため、
一人(?)では生きていけない存在です。
それが有害で不要なものであれば、
とっくの昔に絶滅しているはずですが、
実際は、今なお、こうして存在し続けています。

実際、生物の進化の過程では
ウイルスの存在が必要だとも言われており、
また腸内細菌(ウイルスではありませんが)にしても、
善玉とか悪玉とか区別されますが、
実際にはその両者の存在が必要であり
バランスを取りながら人との共存を可能にしています。

地球の長い歴史を振り返ると
地球と生物とは共存していましたが、
いつしか人間が自然を支配するような考え方になり、
それが自然破壊や環境破壊を引き起こすようになってしまいました。

もしかしたら、今回のCV騒動は、
人類はこのままでよいのかということを
われわれに問いかけているのではないかと言うのです。
聴いていて、なかなか考えさせられる講演でした。

三人の講演の後は質疑応答があり、
約2時間半の講演は無事終了しました。

今回の講演会は、CV騒動で不安を煽られ、
やや混乱している人たちに対して、
もう少し冷静に現実を見て、
じっくりと考えてみませんかという
私たちのメッセ―でもありました。

そのため、この時期にこの講演会を開催したことは
それなりに意義があったのではと勝手に思っています。

なお、当日の講演会のプレビュー版は無料で
視聴することができますので、
よろしければご覧ください。
https://www.holistic-kansai.com/2020-3mf-vtr.html



心のあり方を考える

2020年01月30日17:28

京セラの名誉会長である稲盛さんの
JAL再生物語の本を読んだことは
以前にも触れました。
その後、その関連本を何冊か読みました。

「稲盛和夫最後と闘い~JAL再生にかけた経営者人生」
「JALの奇跡~稲盛和夫の善き思いがもたらしたもの」
「心。人生を意のままにする力」
今回読んだのはこの三冊です。

実は稲盛さんの前著「生き方」は、
ずいぶんと前に読んだのですが、
あまりにも当たり前すぎることが
書いてあるだけで、
全く面白くなかったという印象がありました。

ただ、今回の「心。」も、
当然のごとく、心の持ち方の大切さ、
つまり「利他の心」「感謝の心」「謙虚な思い」
といった、誰もが大切だと思う
心の大切さをくり返し書いています。

もしも、この本を最初に読んでいたら、
「また精神論か。心が大切なのはわかるけど、
そんな心を持とうと思っても
持てないのが人間なんだよなあ」と、
前回の「生き方」同様、
どこか冷めた目で読んでいたと思います。

でも、今回はJAL再生の物語が
いかにして成し遂げられたのか、
マンネリ化したJALの社員を
どうして活性化し、やる気にさせたのか、
稲盛さんの考え方や行動を本で知ることで、
心の大切さが単なる精神論でないことが
よくわかりました。

だからこそ、今回「心。」を読んだとき、
自分の中に染みこんでくるものがありました。

稲盛さんは、
会社経営は、一人ひとりが
経営にかかわっているという意識と、
正しい「考え方」を持つことの
大切さを強調しています。

正しい「考え方」とは、
人間として正しい考え方であり、
ウソをつかない、人のために役立つ、
弱いものいじめをしない、欲張らない、
といった初歩的な道徳律のようなものです。

しかし、このようなものを押しつけられても
誰も実行しようとは思いません。
実際、最初は幹部を集めて、
「経営12か条」の講義の中で、
正しい「考え方」の話をしても、
みんなどこか他人事のように
話を聞いていたと言います。

しかし回を重ねる毎に雰囲気がわかり、
みんなの意識にも変化が現れ、
そして、JALの社員みんなが
大きく変わっていったのでした。

なぜ、ここまでJALは変わったのか。
それは、稲盛さんの熱意と本気さです。

もちろん、最初からみんなが
やる気になっていたわけではありません。
反発する人や冷めた目で見ている人が大半でした。

でも、稲盛さんが根気よく話をし、
その話を聴きていたメンバーの一人が、
ある日、目覚めたのでした。

「自分が間違っていた」と気づき、
そのことを、みんなの前で堂々と言ったのです。

その一言で、雰囲気が変わりました。
多分、多くの人が稲盛さんの
言っていることに共感はしながらも、
自ら進んで協力しようという行動にまでは
移せなかったのでしょう。

しかし、一人が「やる!」と宣言したら、
潜在的にいた賛同者が一気に動き出したのです。
組織が動くというのは
こういうことかもしれないなと思いました。

稲盛さんには熱意と本気さがありました。
だからこそ、80歳にもなろうかという年齢で、
みんなの反対を押し切ってまで、
なおかつ無給でJALの会長などに
就任しようなどと思うわけがありません。

「利他の心」「感謝の心」「謙虚な思い」といった思いだけでは
人はついてきません。
そこに熱意と本気さが伴っていたからこそ、
人はついてくるようになったのではないでしょうか。

逆に、熱意と本気さだけでも
独りよがりになってしまうため人はついてきません。
常に自分の行いを振り返り、
相手のことを考えると姿勢があったからこそ、
人はついてきたのであり、その結果として
JALの再建は成し遂げられたのだと思います。

そんな視点から自分を振り返ると、
なんともお恥ずかしい限りです。

稲盛さんの爪の垢でも
煎じて飲まなくてはならないくらいです。

これを機に、もう少し真剣に、
これからの自分の人生と心のあり方について
考えていきたいと、
一連の本を読んで思った次第でした。


やる気が先か、行動が先か

2019年12月23日06:47

人はやる気があるから行動に移せると
思っている人が多いようですが、
実際にはその逆で、
行動するからやる気が出てくるのです。

もちろん、やる気や意欲があれば、
当然、勉強でも仕事でも行動に移せます。

だからこそ、やる気が先で
それに行動が伴うと思いがちですが、
しかし、ほとんどの場合、そうではないことは、
われわれが日常生活の中で
よく経験するところです。

例えば、掃除や片付けなど、
気が乗らないことは、
なかなかやる気が起こりません。

たいていの場合、
嫌々ながらも仕方ないからやるというのが
実際のところだと思います。

ところがいざやり始めてしまうと、
何か知らないけどペースに乗って、
いつの間にかやり遂げてしまうといった経験は
誰でもあると思います。

つまり、行動を起こせば、
あとからやる気がついてくるということです。
これは、コペルニクス的転回です。

よく、「楽しいから笑うのではなく、
笑うから楽しいのだ」と言われますが、
これも同じことです。

笑うという「行動」をとることで、
自ずと楽しいという「心」が
ついて来るようになるという意味です。

このように、行動には、
人の心に変化をもたらし、
意欲や楽しさというポジティブな心の状態を
引きだす力があるのです。

では、どうしたらやる気よりも先に
行動を起こすことができるのでしょうか。
これにはコツがあります。

それは、
それくらいならできるかもしれないと思える程の
「ほんの小さな行動」から始めればよいのです。

例えば、夕食後の食器洗いなども、
なかなかやる気にならないことの
代表選手だと思いますが、
最初から全部やろうと思うと、
うんざりしてしまい、
なかなかやる気が起こらず、
ついつい先延ばししてしまいがちです。

ところが、
「お皿を一枚だけ洗う」というのであれば、
それくらいならやってもいいかなと
思えるのではないでしょうか。

そう思えたのであれば、
お皿を一枚洗うという「行動」は
取ることができます。

一枚洗ったら、
もう一枚くらい洗ってもいいかと思い、
二枚目を洗えるかもしれません。

二枚目も洗ってしまったら、
ついでにもう少し洗ってしまおうと思い、
気がついたら全部洗い終わっていたということは
十分にあり得ることです。

このように最初の一歩をできるだけ小さくし、
それくらいならできるという気になる「行動」を
設定するのがポイントです。

しかし、そうは言われても、
人はつい欲張ってしまい、
「これくらいできたらいいなあ」という、
ちょっと背伸びをした「行動」を
設定しがちなのです。

例えば、資格試験の勉強を
しなくてはいけないと思いながらも、
なかなか手がつけられないというのも
しばしばある状況です。

これなども、
毎日30分勉強するなどと決めても、
なかなか手がつけられず、
ついつい先送りしてしまい、
今日はやめて明日にしよう、
ということになりがちです。

とにかく、
「それならできる」と思えることでない限り、
行動には移せないのです。

例えば、「机を前にして座る」とか、
「テキストを開く」とか、
その程度からで十分です。

それができて初めて、
勉強がスタートできるのですから、
先ずその準備をすることが、
「行動」の第一歩です。

椅子に座ってテキストを開くことまでできれば、
次の段階で初めて、
「先ずは1分だけテキストを読む」
という「行動」を設定すればよいのです。

とにかく人は、
第一歩を踏み出すまでが一番大変なのです。
最初の一歩さえ踏み出してしまえば、
あとは勝手に行動はついてきます。

だからこそ、
いかに第一歩を踏み出せるか、
そのための工夫が最も大切なのです。

私もこの方法を利用することで、
ブログを週二回(このブログです)、
書くことができるようになりましたし、
机や部屋の片付けも
毎日できるようになりました。

何を「ほんの小ささ行動」に
設定したかというと、
ブログは「毎日50文字は書く」、
片付けは「毎日何か1つだけ片付ける」、
たったこれだけです。
でも、その威力はすごいものがありました。

まずは、やる気よりも行動です。
そのためには、ほんの小さな第一歩を
上手に設定することです。

皆さんも是非やってみて下さい。



プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://kuromarutakaharu.com

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード