FC2ブログ

人はみな不完全で未熟な存在

2018年09月02日17:44

私は、人はみな不完全で未熟な存在だと思っています。
どんな偉い人でも、
人間としての欠点を持っているのが普通ですし、
愛だけ善だけで生きていけるほど、
世の中は甘くないと思っています。
一見、聖人君子のような人格者のように見える人でも、
家庭内ではとんでもない暴君だったりするケースも
少なからずあります。
人間なんてそんなもんです。

また、自分を磨き、高め、
成長させることの大切さもよく言われます。
私も、それは大切だと思うのですが、
ただ、高い目標を掲げ、
がむしゃらに頑張っている人の中には、
空回りや挫折を繰り返して、
なかなか前に進まない人も少なくありません。
気張りすぎても頑張りすぎてもうまくいかないのです。

その点、私なんかは結構気楽に、
かつ周りのことをあまり気にすることなく、
自由気ままにやっています。

例えば、服装はほとんど気にしませんし、
身だしなみもかなりいい加減です。
ひげの剃り残しは当たり前ですし、
穴の空いた靴下を履いていても気になりません。

電車に乗るときは、必ず4人掛けの椅子に座り、
靴を脱いで前の座席に足を載せて座っています。
傍から見たら、かなり行儀が悪いと思われるでしょうが、
この姿勢が一番楽にすごせるので、
いつもそうしています。
もちろん、空いているときだけですけど。

よく飲みに行ったりもしますが、
一般的な居酒屋が一番居心地よいです。
たまに料亭やホテルのコース料理などを
食べる機会もありますが、
この畏まった感じが、窮屈で嫌いです。
私はそんな人間です。

私が定期的に開催している
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーでも
参加者の皆さんから、
「セミナーの雰囲気がとてもゆるいから居心地がいい」
とよく言って頂きます。

またセミナーでは、私の身近で起きた出来事や、
頭にきたこと、失敗してしまったことなどについても、
よく話します。

家庭では妻とよく喧嘩をしますし、
病棟でもナースと言い合いにあることもしばしばです。
でも、それが人間だと思っていますし、
またそれが私の生の姿でもあります。

ただ、そのような話をオープンにした方が、
参加者は逆にホッとするようです。
参加者の人たちからすれば、
コミュニケーションを専門に教えている先生は、
どんな場面であってもコミュニケーションを上手に取り、
喧嘩やもめ事なんて、ほとんどないに違いないという
思い込みがあるようです。

しかし実際には、私もごく普通の人間なので、
皆さんと同様、全てにおいてうまく
コミュニケーションがとれるわけではありません。
頭に来ることやむかつくことだってよくあります。

そんな自分であることをはっきり伝えることで、
真実みや人間らしさが伝わるせいか、
逆に信頼感や安心感を持ってもらえるようです。

自分は欠点も多く、まだまだ未成熟な人間だということを
前提にして話をする方が、
ヘンな隠し立てをしなくてもすみますし、
自分を無理に飾り立てることもないので、
ストレスがたまらなないしとても楽なのです。
いくら装っても、そんなものすぐにばれます。

時々、一生懸命でまじめな参加者の方から、
「先生のように生きられたら、本当に楽だろうなって思います」
と言われることがありますが、
確かに、そう思います。実際楽ですから。

ただ、いつもお気楽に過ごしていくだけでは、
どこか物足りなさや、成長しているという実感が持てません。
だからこそ、いい加減さやお気楽さをベースに置きながらも、
自分を変えるために、やれそうなことがあれば、
それにはチャレンジしていこうと思っています。

あくまでも、これならできるかもしれないと
思えることにチャレンジするのであって、
むやみやたらと高い目標を立てて、
それに向かってが一路邁進するなどという 
しんどいことはしたくありません。

そこが私は重要だと思っています。
決して理想論や高い目標を追い求めるのではなく、
身の丈にあったことをやっていけば
それでよいと思っているのです。

また、自分は不完全で未熟な人間であることを自覚しつつ、
気楽に振る舞いながらも、
その上で、自分を成長させる上で必要だと思うことは
無理をしない程度に自分のペースでやっていく。
そんな生き方が私には合っています。

皆さんはいかがでしょうか。


スポンサーサイト

患者さんはウソを言う!?

2018年08月03日07:43

どこでもそうだと思いますが、
私のいる緩和ケア病棟でも、
患者さんの訴えを十分に理解できないことが時々あります。

先日ある患者さんが、
「えらくて仕方がない、何とかして欲しい」と
ナースが訪室したときに訴えてきたと、
ナースから私に報告がきました。

末期がんの患者さんに対しては
全身倦怠感を取るためにステロイドをよく使用するのですが、
この患者さんは、すでに十分量のステロイドを使用していました。

一方で、この患者さんは、毎日食事を全量摂取しており、
普段は肘枕の姿勢で横になっています。
そのような状況を見る限り、
いわゆるがん末期に訪れる「身の置き所のないえらさ」とは
どうも違うような気がしました。

そこで、「どこがえらいの?」とたずねると、
胸のあたりをさすって「ここがえら」と言うのです。
つまり息苦しさがあるため「えらい」と言っていたわけです。

もともと酸素はしており、酸素濃度もさほど低くはないのですが、
本人からすると、「えらい」と感じるようでした。
そのため、呼吸困難感を取るために
モルヒネの持続皮下注をしたところ、
楽になったと言って喜んでいました。

このように患者さんが「えらい」と言った場合、
身体がだるくてえらいのか、痛くてえらいのか、
息苦しくてえらいのか、はっきりわからないことがしばしばです。

だからこそ、「えらさ」の意味するところを患者さんに
しっかりと確認する必要があり、
そうしないと適切な対処ができないのです。

また、こんな患者さんもいました。
神経にピリッとくるような発作的な「激痛」が
喉から頭にかけて走るというので、
前の病棟ではロキソニンという鎮痛剤が処方されていました。

一般に、患者さんが痛みを訴えたときのために、
通常は、主治医が事前に指示を書いておきます。
そのため私も、「疼痛時にはロキソニン」と指示を書いておきました。

ナースのカルテ記録を見ると、
一日に数回、ロキソニンを飲んでもらっている記録がありました。
そこで患者さんに、その痛みはどれくらい続くのかとたずねると、
数秒程度だというのです。

つまり、発作的に一瞬痛みが走り、
あとはすぐに治まるというのです。
では、何でロキソニンを飲むのかとたずねると、
ナースに痛みはないかとたずねられたので、
「痛い」と伝えると、ロキソニンを持ってきてくれたので、
それを飲んだというのです。

そのときには痛かったのかと確認すると、
痛みはすでにないとのことでした。

要するに患者さんは、
発作的な激痛があったという話をしたのですが、
それをナースは、今も痛みがあると解釈したようでした。

しかし、痛みが治まったあとに痛み止めを飲んでも意味はなく、
たとえ発作の真っ最中にナースがいたとしても、
薬を持ってくる頃には発作は治まっていますし、
かりに薬を飲んだとしても
薬が効いてくるまである程度時間がかかってしまいます。

つまり、このような数秒で治まる発作的な痛みに対して
鎮痛剤を処方するというのは全く意味のないことなのです。
もしも薬を使うのであれば、
そのような発作が起こらないようにする
薬を使用するべきなのです。

このように、患者さんの言葉を
文字通りに受けとめてしまうと、
本当に必要な対応ができなくなってしまう場合がしばしばあります。

患者さんの訴えを聞く場合には、
何のことを言っているのか、確認しながら聞くことが大切です。
表向きの言葉を、何も考えずに受け入れてしまうと、
思わぬ失敗をすることになるので注意が必要です。


テーマ : 思うこと
ジャンル : その他

医学部の学生実習

2018年07月04日18:08

毎年、学生実習があり、
私がいる緩和ケア病棟にも
医学部の学生が実習に来ます。

彼ら、彼女らに、患者さんとの関わりを通して、
緩和ケアの考え方や医療におけるものの見方などについて
毎回話をしたり、質問に答えたりしています。

そこでいつも感じるのは、学生のうちはみんな、
患者さんを「人」としてかかわる視点を持っているのに、
医者になると患者さんのことを「病んだ肉体」と
見なすようになってしまうんだなということです。

学生の時は、医学の知識があると言っても、
まだ実際の経験がないので、患者さんに対する見方は、
ほとんど一般の人と変わりません。

つまり、患者さんの思いを大切にするとか、
こちらの考えを一方的に押しつけてはいけないとか、
ごく当たり前な考え方を持っています。

しかし医者になり、実際に治療に携わるようになると
その思いはどこかに飛んでしまい、
自分が身につけた医学の知識や
先輩医師に教えてもらったことが絶対で、
患者さんという、医学の素人が持っている思いや考えなどには
あまり耳を貸さなくなってしまうのです。

なぜならば、医学部で学ぶことは膨大であり、
そのほとんどは、当然のことながら病気に関することです。
病気の種類や原因、診断方法、治療の仕方など事細かく学び、
医者になればさらに専門的な勉強をしながら
実際の治療にあたることになります。

そのような、「病気」のことしか頭にない環境の中で
長年過ごすことになるので、
患者さんが「病んだ肉体」にしか見えなくなるのも
無理からぬことだと思います。

医学部の環境もそうですし、
また医者になってやることもそうですが、
とにかく患者さんを診ると、
ほとんど「病気」のことにしか目が向かず、
患者さんの思いや家族の心配などは、
病気を治すこととは関係ないと思っているのか、
スルーされてしまうことがしばしばです。

そんな、病気にしか目を向けない医者に対して
時々、文句を言ったり、怒り出したりする患者さんもいます。
そんな患者さんは「へんな患者」「厄介な患者」
「モンスターペイシェント」と呼ばれるようになり、
医者からはかなり面倒がられ、嫌われることになります。

患者さんの思いに目を向けず、
自分の思いを一方的に患者さんに押しつけていることが、
患者さんの怒りを買っているというのに、
そのことに気づける医者はほとんどいません。

その一方で、中には患者さんの思いを大切にするという感覚に
少しずつ目覚めていく医者がいるのも事実です。
最初の10年くらいは、治療をすることに夢中で、
なかなかそのような思いにはならないのですが、
ある程度経験を積んだ頃に、ちょっと痛い目にあったり、
医療ミスで患者さんを悲しませたりした経験をすると、
それをきっかけに、患者さんの思いを大切にすることの重要性に
気づく医者がいるということです。

もっとも、そのようなことを考え、
自分の在り方を変えなくてはと思ってくれる医者は
かなり善良な医者です。
どんな経験をしても、そのようなことなど考えることなく、
最後まで患者さんを「病んだ肉体」にしか見えない医者も
たくさんいます。

病院実習に来る医学部の学生には
今のような話をよくするのですが、
今日話したことは、10年くらい後になって
思い出してもらったらいいと言っています。

と言うのは、学生の時には、
患者さんの思いを大切にするというのは
あまりにも当たり前すぎて、
その重要性がまだピンときません。

さらに医者になったら、しばらくは医療に専念し、
先ずは一人前の医者になってもらわないと話しになりません。
ですから、とりあえず5~10年は
一生懸命に経験を積むことが必要です。

その頃には、色々悩んだり考えたり
壁にぶつかったりすることもあるので、
そのときに、私の話を思いだしてくれたら、
それで十分だと言っています。

実習に来てくれた学生が、将来行き詰まったときに
私の話を思い出してくれることを願いつつ、
これからも学生実習を続けて行こうと思っています。



テーマ : 思うこと
ジャンル : その他

道東の旅(その3)

2018年06月04日12:54

(続き)
最終日の4日目は、
いつものように朝のウォーキングから始まり、
いけないと思いながらも
つい食べてしまうバイキングの朝食をすませ、
まずはワッカ原生花園へと向かいました。

ここも当初の予定にはなかったのですが、
時間の関係もあり、予定を変更して急きょ行くことにしました。

ワッカ原生花園は
サロマ湖を形成した砂州に広がる
全長10kmもある広大な原生花園であり、
300種類以上の草花が咲く、
海浜植物の一大群生地なのです。

せっかくだからと思い、
レンタサイクルを借り
何十年ぶりかで自転車に乗りましたが、
サドルがちょっと高かったせいか、
足を上げてもまたげず、乗るのにちょっと苦労しました。
でもサドルを調整してもらったら、
足も届くようになり、よかったです。

30分程で、西端まで辿り着くことができました。
この砂州は、左右をサロマ湖とオホーツク海に
挟まれているのですが、
なぜか、井戸水が涌く場所があり、
その水を飲むこともできます。

たまたま、職員の人が見回りに来ており、
その人が「こちらの水は衛生上、塩素を入れていますが、
そちらは本当のわき水なのでおいしいですよ」と
教えてくれました。

実際、ガイドブックに載っているのは、
塩素入りのお水の方で、
これを「井戸水」として紹介されており、
もちろん飲むこともできます。

そこから10mほど離れたところにある、
本当の井戸水の方には、
「この水は飲めません」という張り紙がしてありましたが、
職員の人たちは、こちらの方が天然だからおいしいよと言って、
飲んでいました。
実際、味がまるで違い、
天然水のおいしさを存分に味わわせてもらいました。

そこから再び逆方向に自転車を走らせ、
広大なオホーツク海を左手に見ながら、
砂丘の道を走り続けました。

しかし、ふと気づいたのですが、
300種類以上の草花が見られると書いてあるのですが、
どれも6月中旬以降に咲くものばかりであり、
今の季節ではほとんど花が咲いていないのです。

見られる花と言えばタンポポだけでした。
タンポポを見にここまで来たんではないんだけどなあと思いつつも、
季節が季節なだけに、仕方ないですね。
まあ、久々にサイクリングができたからよしとしました。

その後は、サロマ湖展望台に行きました。
舗装がされていない山道をガタガタ言わせながら登り、
標高376mの幌岩山山頂にある展望台に到着、
ここからはサロマ湖の全貌が見ることができます。

先程行ってきた細長い砂州の向こうに広がる
オホーツク海もバッチリ見え、
それらの大自然を一望できるというのは
格別なものがありました。

さて、次なる目的地は
かみゆうべつチューリップ公園です。
ここは、だだっ広い敷地に色とりどりのチューリップが
ところ狭しときれいに並んでいました。

とにかく何を見ても、
北海道は規模が大きいですよね。
360度、何万という数のチューリップに囲まれた光景は
これまた何とも言えない雄大さを感じました。
ここは見られる時期が限られており、
今年の見頃は5月12日~31日までだったので、
私たちが行ったときが一番よい時期だったということでバッチリでした。

そのあと、すぐ近くにある「太陽の丘えんがる公園」にも
足を伸ばしました。
ここは1000万本のコスモスが、
あたり一面に咲き誇ることで有名なところでしたが、
お客さんは、私たちを含め4人だけでした。

それもそのはず、秋に咲くコスモスは
この時期には一本も咲いておらず、
ただ茶色の山肌が見えているだけでした。
その時期になると、観光客でごった返すのでしょうが、
その日は、1000台は停められそうな広大な駐車場に停まっていた車は、
私たちのを含め3台だけでした。
こちらはクシュンといった感じでした。

さあ、昼を過ぎたのでそろそろ空港へと戻ることにしました。
今回は女満別空港から帰る予定でしたので、
そこまで約1時間半、車を走らせました。
カーナビの案内通りに車を走らせていたのですが、
途中、崖崩れの影響で、一部の道路が通行止めになっていました。

やばいと思いながらも再度カーナビをセットすると、
今度は違う道を教えてくれたので、
14時には無事空港まで着くことができました。

今回の3日間の走行距離は約700km、
すごい距離を走ったものだとわれながら感心してしまいました。
車での旅は、日中にビールが飲めないので寂しいのですが、
自由に自分らの行きたいところにいけるという意味では
悪くはないなと思いました。

空港でチェックインを済ませ、出発の16時30分まで
2時間以上時間があったので、
空港レストランで思う存分、
ビールやワイン、日本酒を飲みながら
昼食を満喫させて頂きました。

あとは女満別空港から中部国際空港(名古屋)まで飛び、
名鉄と新幹線等を乗り継ぎ、21時前には無事自宅に到着しました。

今回はとても充実感のある旅行でした。
道東は今回で3回目でしたので、
来年は違うところに行きます。
また一年後が、今から楽しみです。
お付きあい、ありがとうございました。


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

道東の旅(その2)

2018年06月01日15:47

(前回の続き)
3日目はいつものように
朝のウォーキングからスタートです。
阿寒湖周辺を軽く散歩し、
前日同様、バイキングの朝食をがっつり食べ、
8時には阿寒湖遊覧船に乗り、マリモを見て来ました。

355人乗りなのに、お客さんは私たち二人だけ!
なんか、すごく居心地が悪いなあと思っていたところ、
出発から5分後に、もうひとつの乗り場に船が到着、
ここで団体さんが50人程度乗ってきてくれたので、
やっと落ち着きました、よかった。

9時半には遊覧船から降り、
ブラブラと面白そうなお店に立ち寄りながら
買いものをしました。

そこで買ったのが、
ハート型のマリモと、ウンコの形をした磁石でした。
お土産としてはいいんじゃね。

11時からのアイヌコタン(集落)の劇場で上演される
アイヌ民族舞踏を鑑賞しました。
すごく見たかったというわけではないのですが、
ちょっと観光らしさを味わってみたいと思い、
立ち寄ることにしました。

30分程の上演でしたが、
観客は私たちを含め10名、
舞台で歌や踊りを披露してくれたアイヌの方々は6名と
とてもこぢんまりとしたものでした。

でも、アイヌ民族の歌や踊り、音楽に触れ、
なんかほのぼのとした心温まる時間でした。
因みに隣にいた妻は、眠気と必死に戦っていました。

11時半には阿寒湖を後にし、
もう一度摩周湖に行きたいという思いを捨てきれず、
今度は第三展望台に行きました。

この日も霧は発生しておらず、
摩周湖がきれいに見えました。
よいことなのか悪いことなのかわかりませんが、
でも景観は最高でした!

崖のように切り立った斜面が何とも雄々しく、
人気の第一展望台とはひと味違った
摩周湖を楽しませてもらいました。

そこから再び車を走らせ、
次なる目的地である美幌(びほろ)峠へと向かいました。
美幌峠は標高525mであり、ここの展望台からは
日本最大のカルデラ湖である屈斜路湖の全景を見ることができます。

眼前に広がる壮大な風景を眺めなら、
北海道に来たんだなあという実感を
改めて噛みしめていました。

この段階ですでに午後1時をまわっていたので、
美幌峠のレストランで昼食を取ることにしました。
大きなパネルに、おいしそうなメニューの写真が並んでおり、
私はかき揚げソバを、妻はいくら丼を食べることに決めました。

すぐ隣に自販機で食券を買おうと、
かき揚げソバのボタンを見つけると、
なんと1,100円とあるではないですか!
恐る恐るいくら丼を見ると、こちらは2,300円!

こんなに高い昼食を食べたのは初めてです!
と言うとウソになりますが、
でも単品での値段としては
ベスト3くらいに入るのではないでしょうか。

さすがの妻も、値段の高さを見て、
違うのにしようかなと言っていましたが、
ここは太っ腹なところを見せないといけないと思い、
せっかくだからたべればいい、
と言って初志貫徹してもらいました。
観光地だから仕方ないですよね。

ビールが飲めなかったのが少々心残りでしたが、
ここで十分エネルギーを充電したところで、
次なる目的地である「ひがしもこと芝桜公園」へ。

ここは斜面一面にピンク色の芝桜が
絨毯のように敷き詰められており、
その広大さに圧倒されました。
遊覧車にのり山の頂上までのぼり、
そこから階段を歩いて出発地点まで
戻ってくるまで約1時間、
十分に芝桜を楽しませてもらいました。

そして本日最後の観光地である
メルヘンの丘に向かいました。
黒澤明監督の映画「夢」のロケ地にもなったところで、
とても有名なところであるにもかかわらず、
カーナビでは出てこないではないですか。

仕方なく、すぐ近くであろう
道の駅メルヘンの丘へカーナビをセットし無事到着。
その500m先が、メルヘンの丘であることを確認し、
再度車を走らせました。

たった500m先ですから、すぐにわかるかと思ったのですが、
それらしきところがないなあと思いきや、
ふと、横を見るとメルヘンの丘がありました!

でも、小綺麗に整ったちょっとした丘という感じで、
今まで走っている車から見えていた、
だだっ広い牧草地や広大な草原の風景に比べると、
なんか肩すかしを食らわせられた気がしました。
カーナビでも出てこないはずだな、などと思いながら、
ここは1分の滞在時間のみで、すぐに車に乗り込みました。

これで3日目の予定はすべて終了です。
あとは本日の宿泊地である
サロマ湖湖畔にあるホテルに直行しました。
予定ぴったりの5時半にホテルに到着、
ゆっくりと温泉につかり、疲れを癒し、
6時半から本日のメイン?である夕食の時間となりました。

ここの食事は先日のとは異なり、
抜群においしかったです!
私の大好きな魚介類がふんだんに使われた料理が
たくさん出てきたので、それだけで満足でした。

特に感動したのが二品目の料理。
通常はきれいに整った舟盛り当たりが出てくるのでしょうが、
ここは違いました。

氷を敷き詰めた大きなお皿の上に、
殻のついたままの生牡蠣が四つと帆立が二つ、
さらにホッキ貝もありました。
極めつけは私の大好物のウニですが、
なんと、木箱一杯に敷き詰められたウニが
そのまま出てきたではないですか!

今までウニというと、どこへ行っても
申し訳程度の量しか出てこず、
それをチマチマ食べながら楽しむというのが常でしたが、
いや~こんな木箱のままのウニを食べるなんて、
生まれて初めての経験でした。

これだけで、今回の道東の旅の目的は
達し得たと言っても過言ではないくらい、
このウニには感動しました!

普段は、ウニは嫌いだから食べないと言っていた妻も、
このウニは新鮮でおいしい!これなら食べられる!と言って、
パクパク食べるではないですか!
まあ、二人前として出されたものなのでいいんですけど‥

ウニと言えば日本酒なので、
いつもは3杯は確実に飲むビールをこの日は1杯で切り上げ、
すぐさま冷酒を注文、その後さらに熱燗も注文、
その後に出てきた料理にはワインが合いそうだったので、
ワインも飲んでしまいました。

妻もよほどおいしかったのか、
今日は殊の外上機嫌で、あれこれ話をしていました。
この2時間だけで、1年分の夫婦の会話をしたような気がします。
それくらい、今回の料理はおいしかったです!

そんなこんなで、3日目も無事終了!
あとは最終日を残すのみとなりました。
(続く)



プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://kuromarutakaharu.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード