FC2ブログ

私が変わったこと、変わらなかったこと

2019年04月30日11:35

平成時代、最後のブログとして、
この30年間で、
自分の中で大きく変わってきたことと
全く変わっていないことについて、
書かせてもらいたいと思います。

先ず、大きく変わってきたことは、
治療に対すこだわりが
少なくなってきたことでしょうか。

心療内科時代は、
とにかく患者さんを治すことが中心であり、
そのためにありとあらゆる
工夫や試みをしました。

ホメオパシーも「心の治癒力」を引きだす
ひとつの「道具」になると考え、
診療に取り入れていたのもこの時期でした。

それはそれでとても充実感がありましたし、
治すことにこだわる時期があったからこそ、
今の自分がいると思っています。

しかし今は、治すことへのこだわりは
ずいぶんと減ってしまいました。

これは、治すことに
興味がなくなったという意味ではなく、
「治す」という上から目線のかかわりが、
治療の空回りを生み、
かえってうまくいかないので、
「治す」のではなく
「治る」のを支えるアプローチの方が
よいと思うようになったということです。

そのため、「がん患者さんへの
ホリスティックなアプローチ」に対する考え方も
ずいぶんと様変わりしました。

当初は、西洋医学的治療のみならず、
様々な代替療法も取り入れた、
統合医療的なアプローチをしたいと
思っていました。

しかし、個々の代替療法への関心は次第に薄れ、
その根底にある「心の治癒力」を
うまく引きだすための「かかわり」に
関心が移っていきました。

もちろん代替療法は、
そのためのひとつの手段ではありますが、
私の中では、それは、
患者さんとのよいかかわりを持つための
「儀式」や「道具」という位置づけに
変わっていったのでした。

ですから、がん患者さんへのアプローチも
「治す」ことを主体とするのではなく、
「治る」ことをサポートするための
かかわりを大切にしていこうという
姿勢に変化していきました。

その結果として、ときに
がんの自然治癒(寛解)も起こるのですが、
それは、あくまでも結果であり、
目的や目標ではないということです。

しかし、「治す」という姿勢で取り組むよりも、
その患者さんの「心の治癒力」や自然治癒力を
うまく活性化させるための
サポートに徹する姿勢の方が、
患者さんも気張り過ぎることがなくなるため、
結果としては、「治す」ことにこだわるよりも
よい方向に進んでいくのではと
今は思っています。

一方、この30年間、
全く変わっていないこともあります。
それは「心の治癒力を引きだす
コミュニケーション」への熱意です。

最初は、自然治癒力と心への関心といった、
漠然としたものでしたが、
それが心療内科時代には、
ブリーフセラピーによる治療として開花し、
その後はセミナーの開催という形で
その具体的な方法や考え方を
一般の人々に伝えるということに
力を注ぐようになりました。

また当初は、
症状や病気を治すための
コミュニケーションでしたが、
今は悩みや問題を解決するための
コミュニケーションへと、
裾野も広がりました。

もっとも前半で述べた
「治療に対すこだわりが
少なくなってきたこと」は、
「心の治癒力を引きだすコミュニケーション」が
より柔軟性を増すという形で進歩したと
捉えることもできます。

これからはさらに、
無意識や認知バイアスへのアプローチ、
意志力、習慣力、成長力への取り組み、
ポジティブ心理学、行動経済学、
コミュニケーション医学の視点も
視野に入れながら、
より充実したものにしたいと思っています。

明日から時代は、平成から令和に変わりますが、
「心の治癒力を引きだすコミュニケーション」
への熱意は令和になっても変わることなく、
さらなる発展、進歩を
遂げていけたらと思っています。

これからもお付きあいの程、
よろしくお願い申し上げます。



スポンサーサイト

コミュニケーション医学

2019年04月03日17:29

今年もいよいよ、新年度が始まる4月になりました。
また5月からは年号も「令和」に変わります。
さらに私事ではありますが、
7月には初孫が生まれる予定ですし、
8月には私自身、還暦を迎えます。
令和元年は私にとって
ひとつの大きな節目の年になりそうです。

そんな私が今密かに?思いを馳せ巡らせているのが
「コミュニケーション医学」です。

私はもともと心療内科医でしたが、
その頃はずっと心理療法で
患者さんの治療をしていました。

平成14年から緩和ケア医となりましたが、
心理療法やコミュニケーションの楽しさが忘れられず、
平成19年からは一般の人を対象に、
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーも
開催するようになりました。

このセミナーをしているときはとても充実感があります。
悩みを解決したり、希望を持ってもらったりするための
コミュニケーションスキルを教えることは
私にとって大いなる喜びなのです。

しかしその一方で、
これでよいのだろうかという思いが
何とはなしにくすぶっていたのも事実です。

実を言うと、
私は今の医療を変えたいと思って医者になった人間でした。
30年前に医者になった頃の思いと今の思いとでは、
医療に対する考え方は多少違ってはきていますが、
しかし、よりよい医療に変えたいという思いは
今も昔も変わっていません。

ところがそんな思いを持っていながらも、
未だにそのための行動は何も取っておらず、
そんな自分に少々歯がゆさを感じていました。

そうこうするうちに還暦が間近に迫り、
令和の世が来るという年になってしまい、
この節目のときを逃したら、
一生涯何もせずに終わってしまうという
焦りの思いが次第に強くなってきました。

そんな中で、私の頭を占めるようになってきたのが
コミュニケーション医学のことでした。
実はコミュニケーション医学という言葉は私の造語です。

でもその意味するところはとても重要だと思っています。
ひと言で言うならば、コミュニケーション医学とは、
“コミュニケーションそのものを治療として考える医学”
といった意味合いの言葉です。

医療の現場では、医療者も患者さんも
薬や手術が、患者さんを治していると思っていますが、
実はそれだけではありません。

心と身体はつながっており、
患者さんの心の状態が、
病気や症状の悪化や改善に大きな影響を与えているというのは
多くの研究でわかっています。

つまり医療者のかかわり方次第で、
患者さんは安心したり不安を感じたりするため、
それが治療結果を左右することになるということです。

しかし残念なことに、
医療者はあまりそのことを認識していません。
もちろん医療現場におけるコミュニケーションの重要性は
誰もが知っているところです。

ところがそれはあくまでも、説明をしたり、
理解を促したりするためのものであり、
コミュニケーションそのものが、
治療になり得るという認識はほとんどありません。

私は、その点をもっと医療者に
認識してもらいたいと思っているのです。

医療者のコミュニケーションいかんにより、
病気や症状が改善したり悪化したりするという認識が深まれば、
病気を機械の修理と見なすような医療が、
もう少し血の通った人間味のある医療に
変わるのではと思っているのです。

コミュニケーションは医療そのものであり、
医学の中の一分野になり得る存在なのです。
その事実を医療者も患者さんも
もっと認識してもらいたいという思いから
今年に入ってから、様々な機会で
「コミュニケーション医学」という言葉を使い始めました。

そしてチャンスがあれば、色々なところで
話もしていきたいと思っています。
理解してくれる人が増えてくれば、
研究会や学会も作りたいと思っています。

私が医療を少しでも変える行動ができるとするならば、
コミュニケーション医学を置いて他はないと思っています。

一人でも多くに人にコミュニケーション医学を知ってもらい、
一人でも多くの医療者が
コミュニケーションは治療そのものだという認識を
持ってもらえることを願いつつ、
来る令和元年を歩んで行きたいと思っています。

なお、4月21日には大阪で
コミュニケーション医学に関する
初めての講演会を行いますので、
興味のある方は是非おいで下さい。
お待ちしております。
https://www.holistic-kansai.com/mf.html

結婚式

2019年03月04日18:40

ちょっと気を抜いていたら、
前回のブログから1ヶ月以上経ってしまいました。
何を書こうかと少々考えたのですが、
今回は、かなりプライベートなことを書くことにしました。

実は、先日、私の息子の結婚式でした。
籍はすでに去年の11月に入れているのですが、
式はまだ挙げていませんでした。
そんなわけで先日、両家の親戚だけを集めた
こぢんまりとした挙式と披露宴を行いました。

新婦はとてもきれいで明るく楽しい子で
以前からよく家に遊びに来ていたので
その性格や雰囲気もよく知っていました。

普段はあまり笑顔を見せない息子ですが、
結婚式やその後の披露宴では、
今まで見たことのないような満面の笑みを見せていました。

私から見ても二人はお似合いの夫婦だと思います。
息子は欠点や不器用なところも多々ありますが、
それを補い埋めてくれるのが彼女なんだなと、
息子のスピーチを聞きながら思いました。

私ともほとんどまともに話をすることのない息子でしたので、
彼女のどのような点が気に入ったのかと聞いても、
「さあ」と言うだけでまともには答えてくれません。

もっとも私も無口であり、両親ともまともに話をしなかったので、
昔を思い出しながら、息子も自分に似ているなあと、
つくづく思ってしまいました。

そんな無口な息子なので、
まともに披露宴でスピーチができるか心配でしたが、
原稿を読みながらではありましたが、それなりの内容であり、
話し方もしっかりしており、ホッとしました。

実は、私が結婚披露宴を挙げたときも同じ状況でした。
両親は、私が本当に人前でスピーチができるのかと
ひどく心配していたようでしたが、
ごく普通にスピーチをこなすのを見て、
「自分の息子とは思えなかった」と、後で感想を述べていました。
いかに自分が両親の前では
まともに話をしていなかったがよくわかります。

また、披露宴で参列者が座るテーブルの各席に名札が置かれていましたが、
その裏にメッセージが書かれていました。
全員がみな違うメッセージでしたが、
これを読んでちょっと嬉しくなりました。

息子とは色々ありましたし、
また、どちらかと言うと私は放任主義で、
あまり息子とは関わらなかったところもあります。
そんな父親に対してのメッセージに書かれた
「二人の子に生まれて本当に幸せでした」の一文を見て、
たとえ、ヨイショしているところがあったとしても、
ちょっと気持ちが楽になりました。

それにしても、
人が幸せそうにしている姿を見るのは本当にいいものですね。
それが自分の息子であればなおさらのことです。
二人の幸せそうな笑顔やしぐさ、振る舞いを見ていると、
こちらまでこの上ない幸せな気持ちになります。

ただひとつだけ残念だったことがあります。
2時間半にわたって行われた披露宴でしたが、
その最後の最後に新郎の父である私のスピーチが残っていたため、
へべれけになってはいけないと思い、
美味しいお酒を十分に味わうことができませんでした。

こんなにお酒を飲まなかった披露宴は初めてです。
まあ、たまには泥酔しない飲み方もいいかもしれませんが。



テーマ : 家族・身内
ジャンル : 心と身体

コンサートに行ってきました!

2019年01月29日07:09

1月27日(日)に京都コンサートホールで開催された
京都市ジュニアオーケストラコンサートに
行ってきました。

今回行ったのは全くのたまたまです。
数日前にコンサートの案内が届いたのですが、
それにたまたま紹介されていました。

土日はたいてい用事が入っているのですが、
この日はたまたま完全オフであり、
チケットも1,000円とやすかったこと、
曲目もヴェルディの歌劇「運命の力」序曲、
モーツァルトの交響曲第31番「パリ」、
サンサーンス交響曲第3番「オルガン付き」と、
聴いてみたいと思うようなものばかりだったので、
行くことにしました。

ジュニアオーケストラコンサートですので、
演奏者はすべて10歳から22歳までの若手です。
ブログラムを見ると最年少が12歳であり、
弦楽器の奏者はほとんどが10代でした。

私としては、中高生が中心となるような
1,000円のコンサートなので、
まあたいしたことないだろうなと思い、
あまり期待せずに行きました。

ところが、演奏が始まったら
とんでもありませんでした!
これって、プロのオーケストラの演奏?
と思ってしまうほど、すばらしい演奏でした。

何がどうすばらしいのかは
なかなか言葉で表現できないのですが、
聴いていて何度か涙が出て来てしまいました。
技術的な面も言うまでもありませんが、
若者らしいイキイキとした演奏と
オーケストラの一体感には本当に感動しました。

終了後、指揮者の広上淳一(この人は有名な人です)が、
少々おしゃべりをしてくれたのですが、
その際、「このオーケストラはジュニアでは
世界で十分通用する力を持っている」と言っていましたが
まさにその通りだと思いました。

その後、このオーケストラの練習を担当していた
副指揮者の二人がでてきて、簡単な挨拶のあとに、
ヨハン・シュトラウスの「ラデッキー行進曲」を
演奏してくれました。

指揮者が二人、指揮台に立って
指揮するのを初めて見ました。
オーケストラの右サイドと左サイドの各々を
指揮しているのですが、
これも見事に一体化しているのです。

それにしても、このようにして若い人たちが育ち、
その何人かは世界に羽ばたいていくんだなと思うと、
とても誇らしい気持ちになると同時に、
自分も何かしらの形でもっと
若い人たちに色々と教えたり
育てたりしたいという思いがわいてきました。

私にできることと言えば、
コミュニケーションくらいです。
若者に限らず、もっとたくさんの人に
コミュニケーションのスキルや考え方を教え、
お互いがより成長できたらと思いました。

それにしても今回はよい経験をさせてもらいました。
足を運んでよかったです。
毎年開催されるようですので、
来年も行こうと思っています。


人間関係の問題を解決するためには

2018年12月30日06:46

ストレスを感じることの
最も大きな原因は人間関係の問題です。
家庭にせよ、職場にせよ、プライベートにせよ
人間関係の問題は人と関わる限り
必ずと言ってよいほどつきまとってくる問題です。

ではこの人間関係の問題を解決するためには
どうしたらよいのでしょうか。

人間関係に関する書籍は山ほど出版されていますが、
その多くはコミュニケーションスキルや傾聴の重要さ、
話の仕方や伝え方といった対人関係の基本技術や
感謝や思いやり、相手の立場で物事を考えることの重要さなどについて
書かれているものがほとんどです。

しかしこれらの小手先だけのテクニックだけでは
本当の意味での人間関係の問題を解決することはできません。
なぜならば、人間関係の問題は最も重要な点は、
自分自身が変わることにあるからです。

そうは言っても自分自身をそう簡単に変えることはできません。
感謝の気持ちを持ちましょうと言われても、
あまり好きでない人に対してはそんな気持ちにはなれません。

先ず大切なのは自分を知ることです。
人間関係で問題になるのは、ほとんどの場合、
怒りやイライラ、嫌悪感といった
相手に対するネガティブな感情と
自信のなさや自己否定的な思いといった
自分自身に対するネガティブな思いです。

先ずはこれらをしっかりと見つけることが大切になってきます。
私たちは日常で、イライラしたり怒ったりしたりする
「きっかけ」となる出来事があります。

例えば自分勝手な人の振る舞いに直面したときとか、
自分を批判されたときとかが代表的ですが、
その時はムッときますし時には喧嘩になるかもしれません。

でも一人になったときにその時のことを思い出し、
自分の感情の裏にはどのような「思い込み」や「感情」が
あるのかをじっくりと見つめる必要があります。

するとそこには、
「人は自分勝手に振る舞うべきではない」という「思い込み」や
「自分のことを理解してもらえずに悲しい」という「感情」が
見えてきます。

そのように、怒りやイライラの裏にある
メッセージに目を向け、それを意識化することを繰り返すだけで
怒りやイライラは自然と薄らいできます。

また自己肯定感が低い人も
人間関係のトラブルに巻き込まれやすく、
それがさらなる自信の低下につながるという
悪循環にはまることになります。

このような人たちの自己肯定感をどうしたら
高めることができるのでしょうか。

先ず第一に、「できたこと」や「心地よいこと」に目を向け、
それを意識化し、自分で自分をねぎらってあげたり、
心地よさを十分に味わうという作業をしていくことです。

それはどんな些細なことでもかまいません。
例えば「今日は1時間仕事に集中して取り組めた」
「休日にゆったりとショッピングを楽しめた」
「道端に咲いていたコスモスがきれいだった」
といった具合です。

このような小さな肯定感の積み重ねが
少しずつ自己肯定感を高めていくのです。

こういった小さなことの積み重ねが、
少しずつ自分の内面に変化をもたらし、
それが延いては人間関係の問題にも
よい影響を与えるようになるということです。

対人関係でのスキルを学ぶのは、
このような内面をある程度高めたあとにするのであれば
それなりに有効だと思います。

皆さんも試してみてはいかがでしょうか。



プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://kuromarutakaharu.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード