内向的な性格を楽しむ

2018年04月26日20:04

前回は「孤独のすすめ」について書きました。
今回は、それに関連する内向性について書きたいと思います。

私は、前回も書いたように
セミナーなどでは明るく楽しく話をしますし、
飲み会でもよく飲んで、よくしゃべります。

でも実は一人でいるときがいちばん好きなのです。
周りのことに気を遣うこともなく
自分の好きなことを自由にできるからです。
自分は外向的な性格か、内向的な性格かと言われたら、
間違いなく内向的な性格です。

一般的に内向的な性格よりも外向的な性格の方が
よいように思われがちですが、そんなことはありません。

確かに、外向的な性格の方が明るいし社交的で目立ちます。
それはそれでよいのですが、
内向的な性格にもよい点がたくさんあります。

例えば、じっくりと考えるのが得意だとか、
本を読んだり勉強や研究をしたりするのが好きだとか、
知的な作業やクリエイティブな活動が得意だとか、
自制心や思慮深さがあるといったような点が
内向性の長所と言えましょう。

ところが、このような内向的な性格であるにもかかわらず、
私のようにセミナーや飲み会の席では
なぜ外向的になるのでしょうか。

それは、人は自分が強い関心を持っていることには
雄弁になるからです。
私は心療内科医の時に心理療法のおもしろさに目覚め、
以来、コミュニケーションや心理療法に強い関心を持ち続けています。

その証拠に、16年程前に緩和ケア医になりましたが、
その間も心理療法への思いは忘れることができず、
それからもずっと自分なりに本を読んだりしていました。

つまり、私にとってコミュニケーションや心理療法は
自分が最も強い関心を持っているものだと言えます。
だからこそ、コミュニケーションのセミナーまで開催するようになり、
それを大いに楽しんでいるのです。

セミナーに参加している人たちからすれば、
私はとても社交的で外向的なように
見えるのかもしれませんが、
それはあくまでも自分がとても関心のあることについて
語っているからです。

皆さんも同じだと思います。
釣りや野球、音楽、料理、絵画、歴史と好きなものは人それぞれですが、
それがたまらなく好きだというテーマに関して話をしているときは
誰でも外向的になり社交的になれるのです。

ですから、内向的な人は
普段は一人で本を読んだり、考え事をしたりと、
内向性本来のよさを活かして、
それを十分に楽しめばよいのです。

その一方で、自分がとても得意なことに関しては
同じことに興味のある仲間と一緒に
大いに語り合い、大いに楽しんだらよいのです。
そのときは普段は影をひそめている
自分の中の外向性が大いに力を発揮してくれます。

全てのことに明るく社交的に振る舞うのは
内向的な人間に取っては苦痛以外のなのものでもありません。
ですから、そんなことはする必要はありません。

普段は内向的に振る舞い、
大好きなことに関しては外向的に振る舞うことができるのが
内向的な人間です。
その点を十分に理解した上で、
内向性を大いに楽んだらよいのです。

自分が内向的だと思っている皆さん、
大いに内向性を楽しもうではないですか。


スポンサーサイト

孤独のすすめ

2018年03月27日04:56

私はセミナーや講演では
当然のごとくよくしゃべります。
その後、みんなでお酒を飲むのが好きで、
そのときも大笑いしながらよくしゃべります。

そんな私を見て皆さんは私のことを
明るくて社交的だとか話し好きだと
思っている人が多いようですが、
実は、私は一人でいる方が好きなんです。

昔から無口な方でしたし、
特に予備校時代などは、
両親と話をすることもなかったので、
夜寝る前に「あれ、今日ってしゃべったっけ?」と
思うことがしばしばあったほどです。
それくらい普段は人と積極的に
かかわることもしませんでしたし、
もちろん話をすることもありませんでした。

さすがに大学時代や研修医時代は、
人と話をする機会は多くなりました。
また、心療内科医時代は、仕事の関係もあり、
さらにしゃべる機会が増えましたし、
それは今も同じです。

ただ今もそうですが、
基本的に自分は一人でいるのが好きなんです。
“孤独を愛する”と言うと
聞こえがいいかもしれませんが、
それくらい一人の時間を大切に思っています。

なぜかと言うと、一人でいると
自由に色々なことができるからです。
まず、気楽に過ごすことができます。
周囲に気を遣う必要はないので、
その間は解放感に満ちあふれています。

また本を読んだり、熟考したりして
考えをまとめたりするのが好きなのですが、
当然、それらも一人のときにしかできません。
ブログを書いたり勉強したりするときも同様です。
何かを集中してやるときには
一人でいる空間が最高の環境になります。

このように一人でいる時間は、私にとって
たくさんのことをインプットしたり
アウトプットしたりする機会であり、
自分の学びや成長に欠かせない時間なのです。

もちろん仕事もしているので、
病棟や外来で患者さんやスタッフと
話をしているときは
当然一人ではないのですが、
やるべき仕事が一段落着けば、
自分の机に戻り、自分のやりたいことをして
孤独を楽しんでいます。

休憩時間やちょっと空き時間ができたら
仲間と話をしたり雑談をしたりして
過ごす人もいますが、
私はそのような時間をできるだけ
自分の時間として使いたいので、
みんなと群れたりはしません。
そんなときも、
自分は孤独が好きなんだなと思う瞬間です。

また映画もよく見るのですが、
これも決まって一人です。
ちょっとしたシーンに感動して
涙することも多いのですが、
もしも誰かと一緒に見に行ったとしたならば、
涙を拭う恥ずかしさの方が勝ってしまい、
無意識に涙を堪えてしまうと思うからです。
それが私は嫌なので、
基本的には映画は一人で見ると決めています。
その方が、遠慮なく
感動を味わえるというわけです。

また、何もない休日のときは、
外で昼食を取りながら
一人でビールや日本酒を
傾けていることも多いのですが、
ほろ酔い気分でボーッとして過ごす時間も、
私にとっては至福とときなのです。

このように一人でいることには、
多大なメリットがあり、
最も大切にしたい時間なのですが、
ひとつだけ例外があります。
それは夜に飲むときです。

昼飲みは、ほろ酔い気分程度しか飲まないので、
一人で過ごす方が幸せを感じるのですが、
ある程度お酒が回ってくると、
人と話をしたくなるし、
楽しく盛り上がりたくなります。
ですから、夜はみんなと一緒に
ワイワイ飲むのが好きです。

逆に、夜に一人で飲まざるを得ないようなときは
さすがに寂しさを感じます。
日中にやるべきことをやったという満足感から、
夜くらいは十分に楽しみたいという思いが
出てくるのかもしれません。

そんなわけで、日中は一人を楽しみ、
夜はつながりを楽しむ。
そんな生活が私にはあっているみたいです。

皆さんも、一人でいる時間を十分に有効利用し、
孤独を満喫してみませんか。


数字の記憶術

2018年02月25日18:23

私は以前から記憶術に関心があり、
10個程度の単語なら、イメージを使って
簡単に覚えることができます。

ただ、以前からやろうと思っていたのですが、
実際にはなかなかできなかったものに、
数字の連想記憶術があります。
例えば、15ならイチゴ、
16ならイチローというように、
1~100までのすべての数字に単語を関連づけ、
それをすべて覚えておけば、
10~20桁くらいの数字であれば簡単に
覚えることができるという方法です。

例えば、94176542であれば、
「94」は串、「17」はイナゴ、
「65」はムツゴロー、「42」はシーツと
覚えているので、
「串」に「イナゴ」を通し、
それをムツゴローさんが食べながら、
シーツを体に巻き付けている
イメージを描けば、
94176542という数字は
簡単に覚えられます。

1~100の単語表は
自分独自のものを作ればよいのですが、
それが瞬時に出てくるように
覚えておく必要はあります。

今年になってようやく自分独自の単語表を作り
それを全部覚えました。

私の場合、毎朝スクワットを150回しているので、
そのときに「1,2,3‥」と数えながら、
それぞれの数字に関連づけた単語を
思い浮かべるという作業をすることで、
毎日復習をしています。

これを覚えておくと、色々な場面で役に立ちます。
私は、毎日朝起きた時間と
その日の体重を記録しているのですが、
その場では記録をしないので
覚えておくしかありません。

例えば、朝3時37分に起き、
シャワーを浴びたあとに体重を量ったら
64.7kgだったとしましょう。
その場合は「37」は「サナダムシ」、
「47」は「竹刀」なので、
サナダムシを竹刀で叩いているイメージを
頭に焼き付けたら、それで記憶できます。

病院に行き、適当なときに手帳に
起床時間と体重を記録するのですが、
簡単に思い出せます。

あとは映画を見る際、
インターネット予約をすることが多いのですが、
チケットの発券の際に必要な
4桁の予約番号が示されます。
これなどもすぐに覚えらます。

念のため手帳に予約番号をメモしていますが、
そのときに覚えてしまうので、
発券の際も、敢えてメモを見る必要がありません。

私にとっては、
これは手ごろな頭の体操になっています。
皆さんも独自の単語表を作り、
数字の記憶に挑戦してみてはいかがでしょうか。



医療の常識は変わる

2018年01月26日06:14

私は、この世の中には
「絶対に正しい」ということもなければ、
「絶対に間違っている」ということもないと
思っています。

西洋医学の治療法や考え方も
私が医者になった頃に比べると
ずいぶんと変わりました。

その最たるものが消毒に対する考え方です。
昔は傷口の消毒やガーゼ交換は
毎日するというのが常識でした。
しかし、今はそれが意味のないどころか
かえって逆効果になるということで
傷口や手術後の傷跡に対する消毒は
しないようになってきています。

また、一般の手術室に入るのも
昔は靴下や履き物は
すべて清潔なものに換えてから
手術室に入っていましたが、
今は外履きのままでOKです
靴を履き替えることの意味が無いことが
わかったからです。

心肺蘇生の現実を見ても
昔と今ではずいぶんと変わりました。
私が医者になった頃は、
心臓が止まりかけたら
必ず心臓マッサージ(ちなみにこれも、
「胸骨圧迫」という名称に変わりました)などの
心肺蘇生をするのが常識でした。

末期がんであろうが、
高齢で衰弱死しそうな患者さんであろうが、
全く意味がないとわかっていながらも
心臓マッサージをするものでした。

昔は、死=敗北でしたし、
一秒でも長く生かすことが
医学の使命だと思われていたので
蘇生の可能性がないとわかっていても、
形式的にでも必ず
心臓マッサージをしていたのです。

それが今では、末期がんの最後のときに
心臓マッサージをすることは
ほとんどなくなりました。
もっとも、事前に本人や家族から
そのようなことはしないという同意を
得るようになったこともありますが、
それ自体が大きな変化と言えます。

このように医療の常識は
どんどん変わっていきます。
常識とは「正しいこと」ではなく、
多くの人が「正しいと思い込んでいること」
であるにすぎません。

もちろんこれは、
医療の世界だけのことではありません。
一般の人たちが信頼している医療ですら、
常識は変わるのですから、
世の中のすべてのことは、
時間の経過や時と場所、文化によって
常識は変わるものだということを、
また常識は非常識に変わるものだということを
私たちはしっかりと
認識しておく必要があると私は思っています。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

5時からセミナー

2017年12月27日17:08

先週末の23日、24日に
意志力、集中力、習慣力を学び、身につける
ホリスティックコミュニケーション発展セミナーを
京都で開催、無事終了しました。

今年の9月24日のシンポジウム終了後からの3ヶ月間を
すべてこのセミナーの準備に当てたと言っても
過言ではないくらい、
時間とエネルギーを注いだセミナーでした。

アンケートを見る限り参加者の皆さんにも
十分に満足して頂けたようなので、
今年最後の大仕事を終えた気分で、
今はホッとしてこのブログを書いています。

内容に関しては、今後時期を見て
ブログでもお伝えするとして、
今日は「5時からセミナー」について
少々書いておきたいと思います。

「5時からセミナー」とは、
セミナー修了後の飲み会のことです。
本セミナーに勝るとも劣らず、
色々な意味で学ぶことが多い(?)という意味で、
敢えて飲み会を「セミナー」と呼んでいます。

参加した人ならば
その雰囲気がわかると思いますが、
とにかく楽しく明るく盛り上がります。
皆さん、30~50歳代の人がほとんどですが、
盛り上がり方は学生時代そのものです。

今回は総勢17名でしたが、
関東からも7人参加して下さいました。
終了したのが22時でしたので、
延々5時間飲んでいました。

本セミナーは実質5時間半くらいですので、
それとほぼ同じくらいの時間を
飲んでいたことになります。

現在、東京と京都で実践セミナーを開催しており、
そこでも毎回土曜の夜には
5時からセミナーをやっています。

特に京都でやる5時からセミナーはかなり盛り上がるので、
今回関東から来た人たちは、
関西の5時からセミナーへの参加は初めてだった人も多く、
その盛り上がり方にびっくりしていました。
そうは言っても、今回はまだ穏やか?な方でしたが…

とにかく、最初から最後まで
ずっと笑っている感じですし、
ビールも中ジョッキに換算して
みんなで40杯くらい飲みました。
それ以外にもたくさん飲むので、
記憶をなくす人も私を含め何人かいました。

東京での5時からセミナーでは
私は比較的静かにしていることが多いのですが、
京都の5時からセミナーだと、ついはじけてしまうため
始めて参加した人からはいつも、
「すごい先生だと思っていましたが、
5時らセミナーで酔っ払いおじさんぶりが
半端ではなく、そのギャップに驚きました」
といった感想がしばしば聞かれます。

今回も、関東から来られた方々に、
「京都での先生の崩れ具合は、東京と桁が違う!」
と言われてしまいました。
私にとっては、これが普通であり、
東京での私は、ちょっとよそ行きなのですが…

私はみんなと一緒に飲んで、
ワイワイするのが大好きなので、
毎回、とても楽しんでいますが、
しばしば後半は
「記憶にございません」状態になります。

今回もそうだったようで、
どうも抱きかかえられながら
駅まで連れて行ってもらい、
そのまま電車に放り込まれたそうですが、
そんなことは全く覚えていません。

皆さんが心配する中、一人で帰るのですが、
毎回、断片的な記憶しかないものの、
帰巣本能というか、酔っぱらっていても
家にはちゃんと辿り着き、
朝目が覚めると、
いつも通り、家の布団で寝ています。

それでも二日酔いになることはめったになく
次の日もたいていは5時台には起き、
セミナーも普通にこなします。

私はお酒が入ると、とても楽しくなり、おしゃべりになります
(普段は無口だと言っても、あまり信じてもらえません)
途中からあまり覚えてはいないのですが、
酔っぱらうと、結構良いことを言うみたいで、
次の日に「先生の、あの一言には目からウロコでした!」
なんていう感想もしばしばありますが、
言った当の本人は、
言ったことすら覚えていないというのが常です。

でも、酔っぱらうと意識レベルの抑制が緩み、
思考回路が縦横無尽につながり始めるのか、
様々な発想が自由奔放に出てくるのは事実です。
その分、良いアイデアが出て来やすいし、
気の利いたことを言ったりするのだと思います。

ただ、人間の性というか、本能というのか、
盛り上がってくると決まって異性の話になります。
独身女性も多いせいか、
どうやったら彼氏と出会えるのかとか、
どうやったら結婚できるのかといったことについて、
話が盛り上がるのも毎回のことです。

もちろん、既婚の方々には
どうやって知り合ったのかといった質問も多く、
私もしばしば聞かれます。

そんな話の延長線上か、酔いが回ってくると、
だんだん話が下の方に向かっていくのですが、
テンションは、それとは逆にどんどん盛り上がっていきます。
これが人間ですよね。男性も女性も。

でもたまには、思いっきりしゃべって、思いっきり笑って
若い頃の楽しかった時代のようにはしゃぐのも
よいのではないでしょうか。

みなさんも、ぜひ、セミナーを受講された際には
5時からセミナーにも参加してみてくださいね。



プロフィール

黒丸尊治

Author:黒丸尊治
もともと心療内科医でしたが、縁あって今は緩和ケア医として仕事をしています。もともと、コミュニケーションや「心の治癒力」に大変興味をもっており、今はホリスティック医学にもかかわっています。どちらかというと、のんびり屋でマイペースです。あまり人と同じことをしたくないという、天の邪鬼なところあり。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーHPはこちら。
http://kuromarutakaharu.com

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード